1. 慰謝料問題トップ
  2. 慰謝料請求について詳しく
  3. 慰謝料請求の時効について

慰謝料請求の時効について

「時効」という言葉をどこかで一度は聞いたことがありませんか。時効という言葉は知っていても,その内容を正確に理解をしている人は少ないかと思います。ここでは,時効についての正確な知識を確認しましょう。

そもそも時効って何?

時効とは,簡単に説明をすると慰謝料を請求することができる期間のことをいいます。この期間を過ぎてしまう(「時効が完成」するといいます)と,残念ながら浮気をした夫(妻)や浮気相手から慰謝料の支払を受けることが難しくなってしまいます。

慰謝料請求の時効は3年

慰謝料請求の時効は,「損害および加害者を知った時」から「3年」と法律で定められています。ただし,不貞行為に基づく慰謝料の種類によって時効がカウントされる時期が異なりますので注意が必要です。

  • (1)不貞行為それ自体から生じる精神的な苦痛に対する慰謝料
    ⇒不貞行為の事実を知った時からカウントされます。
  • (2)不貞行為により,婚姻関係が破綻したことから生ずる精神的な苦痛に対する慰謝料
    ⇒不貞行為により婚姻関係が破綻した時からカウントされます。
  • (3)不貞行為により夫婦が離婚することから生ずる精神的な苦痛に対する慰謝料
    ⇒不貞行為により夫婦が離婚した時からカウントされます。

※浮気・不倫相手に対する慰謝料の場合,時効のカウントには相手方の特定も必要になります。

たとえば,(1)と(2)については時効が完成してしまいましたが,(3)については完成していないという場合,慰謝料を請求することは可能ですが,慰謝料の金額は当然少額となります。

時効が完成しそうな場合には,弁護士に依頼して,時効の完成を防いでもらってください。どのように対応すれば時効の完成を防ぐことができるかについては,法律的・専門的な内容になりますので,ご自身で対応されると誤った対応をしてしまうおそれがあります。

時効が完成してしまったら絶対に支払ってもらえないの?

時効が完成してしまうと,慰謝料の支払を受けることは難しくなりますが,絶対に支払を受けることができないかというと,そういうわけではありません。時効が完成していても,夫(妻)や浮気相手が慰謝料を支払う意思がある場合,それを受けることは法的に何の問題もありません。

また,夫(妻)や浮気相手が,時効が完成していることを気がつかずに,慰謝料の支払義務を認めれば,後から時効に気がついたとしても,すでに時効は完成しているため支払わないと主張することはできません。一度,支払義務を認めた以上,それを覆して時効が完成していると主張することは不誠実であるとされているためです。

浮気・不倫の慰謝料のことなら何度でも無料!

ゼロイチニーゼロ ナヤミイヤヨ

  • 浮気・不倫の慰謝料のご相談なら,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • Pマークが認定されたプライバシー厳守体制で,ご相談は安心の完全個室対応!

経済的利益がまったく得られなかった場合 着手金全額返金