1. 慰謝料問題トップ
  2. 慰謝料請求について詳しく
  3. 慰謝料の相場と判例

慰謝料の相場と判例

テレビや新聞などのメディアで芸能人の浮気・不倫による高額な慰謝料が,しばしば話題になります。不貞行為をした浮気相手からいくらもらえるのか,誰もが気になるところですよね。実際に,不貞行為の慰謝料の相談を受ける際に,一番多い質問が,「浮気相手からいくら慰謝料をもらうことができますか?」というものです。ここでは,気になる慰謝料の相場と過去の判例(裁判所の判断)についてご紹介していきます。

浮気相手から慰謝料はいくらもらえるの?(慰謝料の相場)

浮気や不倫による慰謝料の金額は,浮気相手との交際期間,不貞行為の回数,浮気が原因で離婚に至ったか,浮気相手の収入などによって変わってきます。個別事情を考慮しながら慰謝料を算定していきますが,一般的に慰謝料の相場は100万円~300万円の範囲内となるケースが多いようです。もっとも,事案によっては50万円程度と認定されたり,300万円以上と認定されたりするケースもあり,個別の事情によって金額は異なります。

実は慰謝料の金額は,法律によって慰謝料基準が決められているわけではありません。慰謝料の金額を左右する事情としてはさまざまなものがありますが,特に金額に大きく影響するものを取り上げて,順番に説明していきましょう。

離婚

浮気・不倫による不貞行為が原因で離婚をする場合,慰謝料の相場は100~300万円が多く,離婚をしない場合には,数十万~200万円が一般的となっています。

ただし,離婚したくても子どものために離婚できないケースのように,戸籍上は離婚が成立していなくても浮気・不倫によって婚姻関係が破綻したと認められる場合には,不貞行為が原因で離婚する場合と同様の相場で慰謝料の金額が認められる可能性があります。

年齢

浮気をした配偶者と浮気相手との年齢差は,どちらに主導権があったのかを判断する重要な指標になります。年齢差が大きければ大きいほど,年齢が高いほうに主導権があったと判断されやすく,慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。

婚姻期間

婚姻期間が長ければ長いほど,不貞行為によって夫婦関係が破綻させられた損害は大きいと判断されます。そのため慰謝料の金額は高くなる傾向にあります。

浮気が発覚する前の婚姻生活の状況

浮気が発覚する前の夫婦の共同生活が平穏・円満であればあるほど,不貞行為によって夫婦関係が破綻させられた損害は大きいと判断されるため,慰謝料の金額は高くなります。

反対に,浮気が発覚する前から夫婦仲が悪かった場合,夫婦仲が良好である場合と比較して損害は小さいと判断されるため,慰謝料の金額は低くなります。

また,浮気する前から別居など夫婦関係が完全に破綻していた場合,慰謝料請求自体が認められませんので注意が必要です。

自分自身の落ち度

自分自身に落ち度があるケースはほとんどないと思われます。しかし,たとえば,配偶者に冷たく接し続けたことはなかったでしょうか。あなた自身に落ち度の度合いが高ければ高いほど,慰謝料の金額は減額される傾向にあります。不貞行為をされたことについて,自業自得の面があると判断されることもありますので自分自身の言動には注意しましょう。

浮気相手の認識・意図

浮気相手に対する慰謝料請求が認められるためには,浮気相手に「故意または過失」があることが必要です。浮気相手が故意であった,つまり,結婚をしていることを知りながら肉体関係を持った場合と,過失,つまり,結婚していることに気づくはずであるにも関わらず,きちんと注意を払っていなかったために結婚している人と肉体関係を持ってしまった場合とでは,やはり故意であった場合のほうが,悪質と判断され,慰謝料の金額が高くなる傾向にあります。

また,浮気相手が夫婦の平穏・円満な共同生活を積極的に破壊する意図や言動がある場合,慰謝料の金額がさらに上乗せとなる余地があります。具体例として浮気相手が,夫婦を離婚させて自分が結婚をしようと思っている場合や不貞行為が発覚した後も不貞行為を継続する場合などが挙げられます。

浮気・不倫していた期間

浮気・不倫していた期間が短くても長くても精神的な苦痛を受けることには 変わりはありません。ですが,たとえば1回の浮気と10年以上にわたる浮気とでは損害の大きさが違うことでしょう。

そのため,浮気・不倫による不貞行為の期間が長ければ長いほど精神的なダメージが大きいと判断され,慰謝料の金額は高くなる傾向にあります。そのいっぽうで,期間が短ければ,慰謝料の金額は低くなる傾向にあります。

不貞行為の具体的な内容と回数

不貞行為の具体的な内容と回数も精神的なダメージの大きさに影響をしてきます。1回きりの不貞行為→複数回の不貞行為→数え切れないほどの不貞行為と,後者になればなるほど慰謝料の金額は高くなる傾向にあります。さらに,不貞行為をした夫(妻)と浮気相手が同棲までしているということになれば,さらなる上乗せの可能性も高まります。

浮気の主導者

浮気を主導していたのが,配偶者なのか,浮気相手なのか,どちらかによって慰謝料の金額に影響をおよぼす可能性があります。

たとえば,夫と浮気相手が同じ勤務先で,夫が浮気相手の上司であり,夫から浮気相手を誘い肉体関係を持った場合,上司と部下という関係上,浮気相手は夫からの誘いを断りにくいと考慮されます。

そのため浮気相手の責任は小さいと判断され,慰謝料の金額が減額となる傾向にあります。反対に,浮気相手が主導者と判断された場合,慰謝料の金額の増額要素となります。

不貞行為の否認

浮気・不倫相手と肉体関係を持っていたにもかかわらず,「不貞行為はしていない」と嘘をついた場合,罰として慰謝料の金額が加算される傾向にあります。

浮気相手の約束違反

浮気・不倫が発覚し,浮気相手が不貞行為を二度としないと約束したにもかかわらず,その約束を破って再び不貞行為をした場合,さらなる精神的な損害が発生し,浮気相手は悪質であるとも判断されるため,慰謝料の増額要素になります。

浮気相手の妊娠・出産

浮気中に妊娠が発覚してしまった場合,浮気相手との仲が非常によかったことが如実に示されます。さらに,妻または浮気相手が子どもを出産すれば,不貞行為をした事実が形として残りますので,夫婦の平穏・円満な共同生活に与えるダメージは図り知れません。また,浮気をした夫が不貞相手の子に養育費を支払うことになれば,夫婦の生活(家計)にも多大なる影響を与えることになります。そのため,単に不貞行為があったというケースに比べて,慰謝料の金額は高額になります。

子どもの有無

浮気・不倫は夫婦に子どもがいれば,夫婦のみならず家族全体による影響がおよびます。子どもがいるケースと子どもがいないケースを比較すると,子どもがいるケースのほうが,慰謝料が増額される傾向にあります。

また,浮気・不倫が原因で子どもが不登校になったり,精神的に病んでしまった場合,さらなる慰謝料の増額要素となります。

反省・謝罪の有無

浮気相手が謝罪をせず,開き直った態度をとった場合,慰謝料の増額要素となります。反対に,浮気相手が謝罪してきた場合には減額要素となります。たとえば職場不倫の場合,職場の浮気相手が真摯に反省し,自主退職した場合,一定の社会的制裁を受けていると判断され,慰謝料が減額となる可能性は高くなります。

あなたの社会的地位

あなたの社会的地位が高く,浮気・不倫が原因により社会的地位に影響をおよぼした場合,慰謝料の増額要素となりえます。

浮気相手の社会的地位と資力

社会的地位や資力の高い浮気相手に対して,通常の慰謝料の請求しか認められないとすると,「100万円~200万円くらいの慰謝料であれば,余裕で支払いができる」と浮気相手に思わせることになりかねず,慰謝料の懲罰としての役割を果たすことができなくなってしまいます。そのため,浮気相手の社会的地位・資力が高い場合には,慰謝料の金額も高くなる傾向にあります。

浮気相手への金銭の贈与

配偶者が浮気相手に対して大金を貢いでいたというような事情があれば,慰謝料の増額要素となります。

あなたからの宥恕(許すこと)

浮気した配偶者と浮気相手の責任を問わず,あなたが宥恕【ゆうじょ】(許すこと)をした場合,慰謝料の金額は大幅に減額される傾向にあります。

請求できる慰謝料の具体的な金額や算定方法については,法律上特に定めがあるわけではありません。慰謝料は,さまざまな事情によって大きく左右されていきます。そのため,慰謝料の算定で損をしないためにも,慰謝料に詳しい弁護士へのご相談をおすすめします。

慰謝料の金額に関する判例

慰謝料請求の判例は豊富にあります。浮気・不倫が原因で慰謝料を求める場合,過去の判例が慰謝料相場の目安になりますので参考にしてみましょう。

事案 職場不倫した浮気相手への慰謝料請求
認められた慰謝料の金額 50万円
婚姻期間 4年
子ども あり
請求相手 夫の浮気相手(女性)
概要
  • ・浮気相手が部下で職場不倫
  • ・交際期間は8ヵ月
  • ・不貞行為は10回以上
  • ・浮気相手は謝罪し,夫との関係を断ち切るために勤務先を自主退職
  • ・現在,夫婦間の性交渉を含め,平穏な夫婦関係に修復。
解説
  • ・不貞行為の主導者が夫であったこと
  • ・浮気相手は謝罪し,社会的制裁を受けていたこと
  • ・夫婦関係が修復されていること

などが,浮気相手にとって慰謝料の減額要素となり,夫婦が離婚しない場合の相場の範囲内である50万円という金額が導かれたものと考えられます。

(東京地方裁判所/平成4年(ワ)第3650号/平成4年12月10日判決)

事案 浮気が原因で夫婦関係が破綻したことに対する慰謝料請求
認められた慰謝料の金額 150万円
婚姻期間 10年
子ども あり
請求相手 妻の浮気相手(男性)
概要
  • ・浮気が発覚するまで夫婦関係は円満だった
  • ・浮気相手は夫婦の関係が破綻していたと思っていた
  • ・交際期間は約4ヵ月
  • ・不貞行為は2~10回程度
  • ・浮気相手は謝罪
  • ・現在,子どものために離婚はしていないが,別居をしており夫婦関係は破綻している
解説
  • ・浮気が発覚する前まで夫婦関係が円満であったこと
  • ・夫婦の間に子どもがいること
  • ・夫婦関係が不貞行為により破綻に至ったこと
など,増額要素があるいっぽうで,
  • ・浮気相手は,夫婦関係がすでに破綻していたと信じていたこと
  • ・交際期間が比較的短いこと
  • ・浮気相手が謝罪していること

など,減額要素もあるため,夫婦が離婚をする場合の相場のやや下限である150万円という金額に落ち着いたものと考えられます。

(東京地方裁判所/平成16年(ワ)第25263号/平成17年7月22日判決)

事案 同棲している浮気相手に対する慰謝料請求
認められた慰謝料の金額 110万円
婚姻期間 13年
子ども あり
請求相手 妻の浮気相手(男性)
概要
  • ・結婚当初から夫婦関係は冷え切っていた
  • ・夫婦関係がない原因は主に夫側にあった
  • ・浮気相手は結婚していることを知っていた
  • ・交際期間は3年(妻と同棲している)
  • ・妻が浮気相手に押し掛ける状況にあった
  • ・浮気相手は謝罪拒否
  • ・夫婦は別居をしており,婚姻関係は破綻している
解説
  • ・浮気相手は既婚者であることを知っていたこと
  • ・交際期間が比較的長く,同棲までしていること
  • ・夫婦の間に子どもがいること
  • ・浮気相手が謝罪をしていないこと
など,増額要素が多数ありますが,
  • ・浮気発覚する前から夫婦関係が悪かったこと
  • ・夫の落ち度が高いこと
  • ・不貞行為の主導者が妻であったこと

など,減額要素が大きく影響され,夫婦が離婚をする場合の相場の下限に近い110万円という金額が認定されたものと考えられます。

(東京地方裁判所/平成10年(ワ)第7号/平成10年7月31日判決)

事案 浮気が原因で夫婦関係が破綻したことに対する慰謝料請求
認められた慰謝料の金額 500万円
婚姻期間 25年
子ども あり
請求相手 妻の浮気相手(男性)
概要
  • ・浮気発覚前まで夫婦仲は普通であった
  • ・浮気相手は結婚していることを知っていた
  • ・交際期間は2年
  • ・不貞行為の頻度は10回以上
  • ・妻の浮気が原因で離婚
  • ・妻は浮気相手のために600万円以上の借金をし,夫はその借金の返済をしていた
解説
  • ・婚姻期間が長いこと
  • ・浮気相手は既婚者であることを知っていたこと
  • ・交際期間が比較的長いこと
  • ・不貞行為の頻度が多いこと
  • ・夫婦の間に子どもがいること
  • ・浮気が原因で離婚したこと

という,増額要素がかなり多く,特に妻が浮気相手のために作った多額の借金を何の罪もない夫が肩代わりしたことが一番大きく影響し,相場の上限を大幅に超える500万円という金額が認められたと考えられます。

(浦和地方裁判所/昭和58年(ワ)第128号/昭和60年1月30日判決)

事案 浮気が原因で夫婦関係が破綻したことに対する慰謝料請求
認められた慰謝料の金額 200万円
婚姻期間 12年
子ども あり
請求相手 夫の浮気相手(女性)
概要
  • ・浮気が発覚する前まで夫婦仲は普通であった
  • ・浮気発覚後も,浮気相手は不貞行為を継続していた
  • ・交際期間は1年8ヵ月
  • ・不貞行為の頻度は10回以上
  • ・夫は浮気相手に対し,妻とはずっと不仲であると嘘をついていた
  • ・浮気が原因で別居をしており,夫婦関係は破綻した
  • ・浮気が原因で妻は医師から鎮暈薬や睡眠薬などを処方されている
  • ・浮気相手による謝罪はなかった
解説
  • ・浮気相手は積極的に夫婦関係を破壊する意思があったこと
  • ・不貞行為の頻度が多いこと
  • ・浮気が原因で夫婦関係が破綻したこと
  • ・妻の精神的な損害が大きいこと
  • ・夫婦の間に子どもがいること
  • ・浮気相手が謝罪をしなかったこと

など増額要素がかなり多く,不貞行為の主導者が夫であったという減額要素が考慮され,夫婦が離婚する場合の相場の平均である200万円という金額になったものと考えられます。

(東京地方裁判所/平成18年(ワ)第5335号/平成18年11月27日判決)

事案 浮気が原因で夫婦関係が破綻したことに対する慰謝料請求
認められた慰謝料の金額 300万円
婚姻期間 8年
子ども あり
請求相手 夫の浮気相手(女性)
概要
  • ・浮気が発覚する前まで夫婦仲は普通であった
  • ・浮気発覚後,妻は浮気相手に対し複数回,不貞行為を止めるよう求めたが,浮気相手はこれに明確な回答をせず,その後も夫との不貞行為を継続した
  • ・交際期間は2年3ヵ月
  • ・不貞行為の頻度は10回以上
  • ・夫婦は別居をしており,婚姻関係は破綻している
  • ・浮気相手は妻に対し謝罪をしなかった
  • ・妻と浮気相手はともに医師である
解説
  • ・浮気相手は積極的に夫婦関係を破壊する意思があったこと
  • ・交際期間が比較的長いこと
  • ・不貞行為の頻度が多いこと
  • ・不貞行為が原因で夫婦関係が破綻したこと
  • ・夫婦の間に子どもがいること
  • ・浮気相手が謝罪をしなかったこと
  • ・妻の社会的地位が高いこと
  • ・浮気相手の社会的地位が高く資力があること

など増額要素が多数あり,減額要素は見当たらないことから,夫婦が離婚する場合の相場の上限である300万円という金額が認められたと考えられます。

(東京地方裁判所/平成18年(ワ)第15086号/平成19年4月5日判決)

浮気・不倫の慰謝料のことなら何度でも無料!

  • 浮気・不倫の慰謝料のご相談なら,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績30万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • Pマークが認定されたプライバシー厳守体制で,ご相談は安心の完全個室対応!

経済的利益がまったく得られなかった場合 着手金全額返金