慰謝料減額の解決事例

ケース8 交際相手の妻から突然の慰謝料請求。弁護士の介入により200万円の減額に成功!

Nさんの解決事例(30歳代・女性)

30歳代女性
職業 正社員
結婚歴 なし
子ども なし

Nさんは,ある男性と交際しておりましたが,ある日突然,交際相手の妻から内容証明郵便で慰謝料500万円を請求されてしまいました。突然の慰謝料請求に驚いたのはもちろんのこと,その金額があまりにも高額であることに二度,ビックリしてしまいました。相手方は代理人として弁護士を立て,慰謝料を請求してきているため,どう対応してよいのかわからず,困ってしまい,当事務所にご相談くださいました。

Nさんの話によると,不倫の事実を認めるとしても,慰謝料の金額があまりにも高額であることに納得がいかないとのことでした。また,Nさんは,家族や会社に浮気の事実を知られたくなかったため,早期解決を望んでいました。当事務所の弁護士は,慰謝料500万円は一般相場から比べて極めて高額であり,減額の余地があることをご説明いたしました。

ご依頼を受けた当事務所の弁護士は,早速,相手方の弁護士と話し合いを始めました。まず当事務所は,今回,Nさんは交際相手から「独身だ」と誘われ,不貞行為をするようになった経緯を説明し,慰謝料500万円は一般的な相場と比べて非常に高額であり,大幅に減額するよう強く主張いたしました。その結果,当初500万円であった慰謝料が200万円減額し,300万円を支払うことで相手方と合意に至りました。

今回のように,交際相手が「独身だ」と誘い,後日,交際相手の配偶者から高額な慰謝料を請求されるケースがよくあります。高額な慰謝料が請求されてしまったら,その支払に即座に対応はせず,まずは慰謝料に詳しい弁護士にご相談ください。当事務所では,慰謝料に関するご相談は何度でも無料です。

減額した慰謝料
200万円

慰謝料減額解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談35万人!豊富な実績であなたをサポート