慰謝料請求の解決事例

ケース23 浮気相手が妻を妊娠させたかもしれない。弁護士が責任を追求し,慰謝料180万円を獲得!

Nさんの解決事例(30歳代・男性)

30歳代男性
職業 正社員
結婚歴 1~5年
子ども あり

Nさんはある日,妻から浮気をしたことと,妊娠していることを伝えられました。お腹の子どもの父親は,Nさんと浮気相手のどちらかわからず,Nさんは悩みましたが,妻と話し合い,産まれてくる子どものためにもやり直すことにしました。そこでNさんは,浮気相手に慰謝料を請求したいと当事務所にご相談くださいました。

Nさんから詳しくお話を伺うと,やり直すと決めたものの,どちらの子どもか考えることが大きな精神的苦痛になっていらっしゃいました。弁護士は,妻を妊娠させた可能性のある悪質な行為や,自分の子どもでなかった場合にNさんが受ける精神的苦痛の大きさを浮気相手に主張することで,一般的な相場よりも高額の慰謝料を獲得できる可能性があるとご説明しました。

ご依頼後,弁護士は早速,浮気相手との話し合いを開始しました。浮気によってNさんは大きく傷つき苦みながらも妻とやり直し,産まれてくる子どもを育てていく決心をしていると伝え,仮にNさんの子どもでなかった場合に受ける精神的苦痛は計り知れず,浮気相手は不貞行為を反省し,Nさんに慰謝料を支払うべきであると強く主張しました。その結果,慰謝料180万円が支払われることで合意に至りました。

今回のように,妻が浮気相手の子どもを妊娠した可能性がある場合は,慰謝料が一般の相場よりも増額となるケースがあります。弁護士にご依頼いただければ,慰謝料を獲得に全力を尽くすのはもちろん,浮気相手に悪質な行為を鋭く主張し,慰謝料の増額に努めます。浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料ですので,まずは当事務所までご相談ください。

獲得した慰謝料
180万円

慰謝料請求解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談35万人!豊富な実績であなたをサポート