スマートフォンサイトはこちら
  1. 慰謝料問題トップ
  2. 特集:弁護士が教える!損しないための慰謝料講座
  3. 第1回 「浮気・不倫の慰謝料の相場は?」

第1回 「浮気・不倫の慰謝料の相場は?」

浮気・不倫の慰謝料の相場は?

夫(妻)の浮気が発覚し,浮気相手に慰謝料を請求するとなると,やっぱり気になるのは慰謝料の金額ですよね。慰謝料の相場は一般的に50万円~300万円といわれていますが,実際のところ,よくわからないという方が多いのではないでしょうか。そこで「弁護士が教える!損しないための慰謝料講座」第1回では,浮気・不倫の不貞行為から生じる慰謝料の相場に関する疑問にお答えしていきます。

え!慰謝料には明確な基準がない!?

慰謝料とは,浮気していた夫(妻)とその浮気相手から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金になります。夫や浮気相手に慰謝料を請求することは,不法行為に基づく損害賠償請求として法律で認められていますが,実は慰謝料の金額に明確な基準はなく,ケースバイケースで決まるのです。

そのため,過去の判例などを参考に慰謝料の金額は,単に浮気をしただけなら(離婚も別居もせず,夫婦関係を継続する場合なら)50万円~100万円,浮気が原因で別居に至った場合は100万円~200万円,離婚に至った場合は200万円~300万円が一般的な相場です。金額にかなりの幅やバラつきがありますが,浮気・不倫による損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向であると考えられます。

慰謝料の相場(目安)
離婚も別居せず,
夫婦関係を継続する場合
50万円~100万円
浮気が原因で別居に至った場合 100万円~200万円
浮気が原因で離婚に至った場合 200万円~300万円

上記の表は,裁判になった際の慰謝料の相場です。裁判せずに相手方と話し合いで解決する場合には,この通りになるとは限りません。話し合いでは,問題の早期解決や精神的損害などを考慮して金額が決まることが多く,離婚が決まっていなくても,離婚した場合と同様の慰謝料で和解に至るケースもよくあります。

余談ですが,慰謝料といえば,芸能人の高額な離婚慰謝料が話題になることがありますよね。これは財産分与を含んだ金額と考えられます。そのため,もし裁判で慰謝料の金額を争った場合には,いくら稼ぎが莫大でも,億単位の支払いを命じる,という判決がくだることはまずないでしょう。裁判では,慰謝料の相場(目安)が基準となるからです。

慰謝料の金額は,さまざまな事情や状況で増減される

慰謝料の金額は,浮気による別居や離婚のみならず,婚姻期間の長短や不倫の内容,子ども有無や経済的な事情などで変わってきます。ここで慰謝料の金額を左右する主な項目についてご紹介いたしますね。

慰謝料の金額を左右する項目 理由
夫(妻)と浮気相手の年齢 年齢差が大きいほど,思慮分別の差や浮気の主導性に影響が出ることが多いため,増額要素のひとつとされています。
婚姻期間 被害者(浮気された方)の心情の配慮や離婚後の再スタートが困難になりやすいという理由から,婚姻期間が長いほど,慰謝料は高額になりがちです。
浮気発覚前の婚姻生活の状況 浮気の発覚以前,家庭生活は円満だったか,崩壊寸前だったかという事実によって左右されます。もし,家庭円満であった場合,浮気相手が家庭を崩壊させたと判断され,責任が重くなる場合があります。
自分自身の落ち度 夫(妻)が浮気をするようになった落ち度(性交渉に応じないなど)が自分自身にある場合は,慰謝料は減額される傾向にあります。
浮気相手の認識,意図 浮気相手が,夫(妻)が既婚者だと知っていたか否かです。たとえば,知っていて家庭を壊すつもりで浮気をしていた場合,行為が悪質であると判断され,増額の可能性があります。
浮気の期間,具体的内容,頻度 浮気の回数が1回の場合よりも長年にわたり繰り返されている場合のほうが高額となりがちです。
浮気の主導者 どちらが浮気に積極的であったかです。浮気相手であれば,夫(妻)よりも浮気相手に請求したほうが慰謝料は高額となるかもしれません。
浮気の否認 浮気が明らかに認められる状況で浮気相手が否認を続けるケースです。そのような場合,被害者の心情を踏みにじったと判断され,増額となる場合があります。
不貞関係解消の約束反故 以前も浮気をしており,二度としないと約束を交わしていたにも関わらず,再び浮気をした場合です。このような場合,悪質と判断されて増額となり得ます。
夫(妻)と浮気相手の
子どもの妊娠・出産
夫(妻)が他人の子どもを宿した事実は極めて大きなショックです。そのため,夫(妻)と浮気相手との間で子どもは大きな増額要素となりやすいです。
精神的苦痛 うつ病になるなど,浮気によって大きな精神的損害が発生し,それを裏付ける証拠(診断書など)があると,増額となる可能性があります。
夫婦間の子どもの有無,
子どもへの影響
子どもが浮気の原因でショックを受ける姿を考慮し,夫婦間に子どもがいる場合は,増額要素とされています。
浮気相手の反省,謝罪,
社会的制裁
浮気相手が真摯に謝罪していたり,社会的制裁(退職など)を受けていたりする場合は,慰謝料が減額されることがあります。
夫(妻)と浮気相手の
社会的地位,収入,資産
夫(妻)または浮気相手など,慰謝料を請求する相手の収入資産が高い場合は,高額となることが考えられます。

いかがでしたか?ご自身のケースの慰謝料が,おおよそ想像できましたか?
慰謝料は実にさまざまな事情やケースを総合的に考慮して,増えたり,減ったりするものなんですね。

ここで簡単に慰謝料の金額についてまとめてみると,下記のようになります。

point
  • 浮気・不倫による「損害」の大きさによって慰謝料の金額は変わる
  • さまざまな事情や状況によって慰謝料の金額は増減される

実際,浮気相手に慰謝料を請求する場合には,これまでの事情を主張・立証できるかどうかが金額の増減に大きく関わってきます。単純に,浮気が原因で「非常に辛かった」と主張するだけでは説得力に乏しく,証拠が必要となります。たとえば,精神的苦痛からうつ病などの病気になってしまった場合には,「診断書」などの証拠が有用になります。

でも,証拠を個人的に集めることは難しいですし,そもそもどのような証拠を集めればよいのかがわからないと思います。そのため,慰謝料の金額で損をしないためにも,慰謝料について実務経験と専門知識を持っている弁護士に相談してみることをおすすめいたします。

特集:弁護士が教える!損しないための慰謝料講座

  • 証拠がなくても,慰謝料は請求できる?
  • 離婚するのと慰謝料請求,どちらがいいの?
  • 別れた夫(妻)から高額な慰謝料請求が届いた
  • 浮気相手への慰謝料請求 VS 夫(妻)への慰謝料請求

浮気・不倫の慰謝料のことなら何度でも無料!

ゼロイチニーゼロ ナヤミイヤヨ

  • 浮気・不倫の慰謝料のご相談なら,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • Pマークが認定されたプライバシー厳守体制で,ご相談は安心の完全個室対応!

経済的利益がまったく得られなかった場合 着手金全額返金