<キーワードで知る>浮気・不倫の慰謝料

公正証書とは?

公正証書とは?

「慰謝料の支払いに関する公正証書を作成したほうがいい」というアドバイスをされたことがある方もいらっしゃると思います。公正証書とは、法律に従って作成する公文書のことで、浮気・不倫に慰謝料の支払いなどにおいて、将来、起こりうるトラブルを未然に防ぐために作成する書類です。公正証書には、相手との合意内容に従って、事実関係、慰謝料の金額・支払い期日と方法、遅延損害金、清算事項、強制執行、守秘義務などについての記載がされます。

公正証書を作成する目的とは?

公正証書には、裁判の判決と同等の効力が認められます。そのため、慰謝料の金額・支払い方法などを公正証書にしておくと、相手の慰謝料の支払いが滞るなどのトラブルが起きた場合に、相手の給料や財産などを差し押さえる(強制執行)ことが可能です。通常、強制執行を行うためには、判決を取る必要がありますが、公正証書に強制執行に服する旨の条項を入れて作成しておけば、判決は必要ありません。長期間にわたる分割払いのケースなど、相手方の支払い能力に不安がある場合などは、公正証書の作成をおすすめします。

公正証書を作成する際の注意点

公正証書には、和解書とほぼ同内容が記載されますが、公正証書を作成する公証人は、弁護士と違って一方に有利な代理人ではありません。そのため、ご自身で対応する場合、不利にならない公正証書を作成するためには、公証人に対して、相手方との合意内容を具体的かつ正確に伝えなければなりません。また、公正証書は勝手に作成することができないため、あらかじめ相手方と話し合い、合意しておく必要があります。

公正証書の作成費用

公正証書を作成するためには費用(作成手数料)がかかります。作成手数料は、慰謝料の金額などによって異なります。

目的物の価額(慰謝料の金額) 作成手数料
100万円以下 5,000円
100万円を超え200万円以下 7,000円
200万円を超え500万円以下 1万1,000円
500万円を超え1,000万円以下 1万7,000円

※公正証書の作成手数料は、法務省令で定める枚数の計算方法により、4枚(法務省令で定める横書の証書は3枚)を超える場合は、1枚増えるごとに250円が加算されます。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • メールでお問合せ
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。