<キーワードで知る>浮気・不倫の慰謝料

慰謝料トラブルが発生する浮気・不倫とは?

法律の言葉で、浮気・不倫のことを不貞行為【ふていこうい】といいます。不貞行為の定義は、結婚をしている人が、配偶者以外の異性と、自分の意思で肉体関係を持つことです。この不貞行為があった場合に、法律上、慰謝料請求が認められる可能性があります。

結婚していない相手が浮気したときは?

独身の男女が肉体関係を持ったとしても、法律においては不貞行為にはなりません。ただし、法律上籍を入れていない場合でも、その実態が籍を入れている夫婦と何ら変わりがない場合(これを「内縁関係」といいます)、男性(女性)がほかの異性と肉体関係を持てば、不貞行為と認められます。また、婚約中に肉体関係を持った場合には、結婚していないため不貞行為は認められませんが、肉体関係を持ったことが原因で婚約破棄に至った場合には、婚約解消(婚約破棄)によって被った精神的苦痛を慰謝料として請求できる・されるかもしれません。

デートやキスだけでは、不貞行為にならないの?

デートやキスだけでは、不貞行為にならないの?

デートやキスだけでは、不貞行為にはなりません。不貞行為といえるためには「肉体関係を持つ」ことが必要です。ただし、デートやキスを繰り返し、それが原因で婚姻関係が破綻した場合、社会的に許されない親密な関係を持ったとして慰謝料を請求できる・される可能性はあります。

不貞行為とは、「異性」と「肉体関係を持つ」ことです。そのため、夫が男性と、妻が女性と、同性同士で肉体関係を持つことは、原則として不貞行為と認められていませんが、慰謝料を請求できる・される場合もあります。また、強姦や脅迫により「自分の意思」に反して、肉体関係を持たされてしまった場合、持たされた人は不貞行為にはなりませんが、強制的に持った人のほうは不貞行為とされます。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • メールでお問合せ
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。