慰謝料減額について

慰謝料の時効とは?

慰謝料が誰から請求されているか確認しましょう

浮気・不倫に関する慰謝料の請求は,一定期間を経過すると慰謝料を請求できる権利が消滅します。これを「時効が完成する」といい,原則として浮気・不倫相手の配偶者があなたに慰謝料請求することはできません。

慰謝料請求の時効は3年

慰謝料請求の時効は,下記期間のいずれか短いほうで完成すると法律で定められています。

  • 不倫相手の配偶者が不貞行為およびあなたを知った時から3年間(消滅時効)
  • あなたと不倫相手の交際が始まったときから20年間(除斥期間)

図説:慰謝料請求の時効は3年

時効が完成していた場合の対応方法

時効が完成していた場合,あなたは「時効が完成しているから,慰謝料請求には応じない」と不倫相手の配偶者に意思表示をすることで,支払を拒否することができます。口頭だけで伝えてしまうと,後で「言った」,「言わない」などのトラブルになりますので,内容証明郵便などの“記録に残るもの”を使って相手に伝えましょう。

しかし,時効の完成を知らずに支払を認めた場合,原則としてそれを覆して支払わない主張はできません。知らないうちに不適切な対応をして,時効の援用が不可になってしまうケースもあるため,注意が必要です。

なお,相手方が時効の完成直前に慰謝料を請求する場合に,裁判を起こしたり,内容証明郵便を用いたりして,時効の完成を免れようとすることがあります。期間が過ぎていたとしても,時効が完成していないこともあります。そのような場合,ご自身での対応は非常に困難ですので,弁護士に相談しましょう。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談45万人!豊富な実績であなたをサポート