慰謝料減額について

慰謝料請求が届き,請求相手にしてはいけないこと

慰謝料請求が届き,請求相手にしてはいけないこと

不倫相手の配偶者からの慰謝料請求は,突然届きます。初めてのことでどうしたらいいかわからず,何の対応もしなかったり,言われるがまま書面にサインしたりしてしまうと,事態がより悪化してしまう可能性があります。ここでは,請求相手にしてはいけないことをお伝えします。

請求相手に嘘を言うこと

慰謝料を請求してきたということは,相手方が浮気・不倫の証拠を持っている可能性は十分考えられます。そのため,浮気・不倫が事実であるにもかかわらず「相手に確固たる証拠がないなら,不貞行為を認めない」などと嘘をつくと,さまざまな証拠から不貞行為が立証されてしまい,非常に危険です。嘘をついていたことを理由に慰謝料が増額されてしまうケースもありますので,嘘をつくことはやめましょう。

請求相手を無視すること

浮気・不倫に身に覚えがあってもなくても,無視せずに対応しましょう。不倫相手の配偶者からの慰謝料請求を無視し続ければ,いずれは裁判となる可能性が高く,あなたの手間や時間がかかって負担となります。きちんと対応すれば,交渉で解決できるケースは多いのです。また,無視すると,請求相手に「やましいことがあるから無視した」,「不貞行為をしたことを反省していない」などと捉えられてしまい,あなたに不利になる場合があります。

感情的になって交渉すること

感情に任せて交渉をすると,不適切な行動や不用意な発言をしてしまい,あなたが不利な状況になってしまう可能性があります。慰謝料請求をされた場合,相手が強引にあなたへ接触してくることも多々ありますが,準備のない交渉は危険です。すぐに弁護士に相談しましょう。

言われるがまま書面へ署名すること

不倫相手の配偶者があなたの家まで押しかけてきて,無理やり慰謝料請求の和解書に署名を強要する場合があります。相手に言われるがまま和解書に署名してしまうと,それを覆すことは困難です。また,和解書の内容があなたに不利な内容である可能性は高く,「無理やり書かされた」と主張しても,それが認められるとは限りません。あなたの判断で和解書に署名をせずに,弁護士に相談して対応を依頼することをおすすめします。

突然,慰謝料請求をされて,あなたにも言い分はあるかもしれませんが,まずは落ち着いて,無視せずに適切な対応をしましょう。対応方法など,わからないことがあれば,弁護士にご相談ください。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談45万人!豊富な実績であなたをサポート