慰謝料減額について

慰謝料が減額されやすいのはどのようなケース?

慰謝料が減額されやすいのはどのようなケース?

浮気・不倫の慰謝料の裁判上の相場は,およそ数十万円~300万円程度ですが,さまざまな事情で,相場より減額されることがあります。たとえば,以下のようなケースです。

慰謝料の減額が見込めるケース

相場とはかけ離れた高額な慰謝料を請求された!

慰謝料の裁判上の相場は,浮気相手の夫婦が離婚する場合は「およそ100万円~300万円」,夫婦が破綻や離婚しない場合には「およそ数十万円~100万円」です。個々の事情により異なりますが,相手方が500万円を超える請求をしてきた場合には,特殊な事情がない限り,相場からかけはなれていることを理由に,慰謝料を大幅に減額できる可能性が高いといえます。ただし,あくまでも慰謝料の減額はあなたに有利な事情を根拠にもとづいて主張して認められるものです。

誘ってきたのは,浮気・不倫相手から

「独身だと信じて,肉体関係を持った」,「夫婦関係はすでに破綻しており,もうすぐ離婚すると聞いていた」などと浮気相手から言われており,結果的に騙されていた場合,慰謝料が減額できる要因となります。また,あなたと浮気相手が同じ勤務先で,あなたが浮気相手の部下であり,浮気相手が上司の立場を利用してあなたを誘って肉体関係を持った場合なども,慰謝料は減額される傾向にあります。

不貞行為の具体的な内容と回数が少なかった

継続した浮気・不倫ではなく,一度だけの関係だった場合や,浮気・不倫の期間が短い場合は,慰謝料は低額になる傾向があります。

収入や資産が少ない

あなたの収入が少なく,資産もほとんどない場合,「責任は取るつもりだが,○○万円が支払える限度である」ことを,誠意を持って伝えることで,相手が減額に応じてくれることがあります。ただし,「お金がない=支払う必要がない」というわけではありません。

あなたが反省・謝罪をした場合

あなたが,浮気・不倫を深く反省し,真摯に謝罪をすれば,相手のあなたに対する「許せない」気持ちが和らぎ,減額に応じてもらえる可能性もあります。

監修者情報

弁護士

池田 貴之

いけだ たかゆき

資格
弁護士
所属
東京弁護士会
出身大学
法政大学法学部、学習院大学法科大学院

私が弁護士を志したきっかけは、日常生活の中で時々、法的な問題に直面することがあったことです。法律というものは難解なものであると思われている側面が強いと思います。私も勉強するまでは、ちょっと近づきがたいものだと思っていました。しかし、弁護士となったからには、依頼者の方が何に悩んでいて何を求めているのかをしっかりと共有し、少しでも分かりやすく法的な問題点をご説明し、今後どのように問題解決に向けていくことが出来るのかを一緒に考えていきたいと思っております。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 0120-783-184

    朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

  • メールでお問い合わせ
浮気・不倫の慰謝料に 関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184

    朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

  • メールでお問合せ
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

※2022年8月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。