慰謝料減額について

慰謝料が誰から請求されているか確認しましょう

慰謝料が誰から請求されているか確認しましょう

浮気・不倫が知られ、慰謝料を請求されてしまった際、事実を整理することに加え、「誰から慰謝料を請求されたか」についても確認をしましょう。

慰謝料を請求してくる人は、浮気・不倫相手の配偶者本人だけでなく、浮気相手の配偶者から依頼を受けた弁護士の場合もあるためです。また、弁護士が請求しているように見えても、実際には行政書士が書面の作成を行い、浮気・不倫相手の配偶者本人が直接請求しているというケースもあります。

浮気・不倫相手の配偶者が慰謝料を請求してきた場合

慰謝料を請求してきたのが浮気・不倫相手の配偶者本人だったとき、相手は慰謝料の相場を知らず、高額な金額を請求されるケースがあります。あなたが直接、減額交渉したとしても、相手を納得させるのはとても困難です。また、当事者間での交渉は、感情的になりがちで、さらなるトラブルに発展するおそれもあります。

慰謝料の請求をしてきた人が行政書士であった場合

慰謝料を請求してきた相手が行政書士であった場合、行政書士は、相手に代わって交渉したり、裁判で代理人になったりすることはできません。そのため、実際に慰謝料の減額交渉を行う場合は、相手本人と直接やり取りする必要があり、感情的になってさらなるトラブルが起こることが懸念されます。

慰謝料の請求をしてきた人が弁護士であった場合

慰謝料を請求してきた相手が弁護士であった場合、弁護士は交渉のプロで、法的知識もあり、高額な慰謝料を支払う結果になりかねません。自分だけで相手方の弁護士と交渉するのはおすすめできません。相手の本気度もかなり高いと考えられます。

まずは弁護士までご相談を

弁護士が、あなたに代わって交渉することで、相手の感情をやわらげ、慰謝料を大幅に減額できる可能性があります。また、弁護士は、争いをよりスムーズに解決できます。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • メールでお問合せ
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。