慰謝料減額の解決事例

ケース2 突然の高額な慰謝料の請求も,弁護士の交渉により回避に成功!

Bさんの解決事例(20歳代・女性)

20歳代女性
職業 その他
結婚歴 なし
子ども なし

Bさんは4年ほど前に,妻子ある男性と肉体関係を持ちました。男性からは,「妻とは別れるつもりで,婚姻関係は破綻している」と聞かされていました。しかし,男性の会話から,実は夫婦関係が良好であることを確認したBさんは,徐々に男性と会うことを避けるようになりました。また,関係を知った男性の妻から連絡を受け,自分の行動を深く反省したBさんは,「今後,男性とは連絡を取らない」という誓約書を書いて,男性との関係を清算しました。それからは一切,男性と連絡を取っていませんでした。

ところが,しばらくして男性から「妻と離婚することになった。妻に支払うことになった解決金600万円の半額を不真正連帯債務として請求する」と書かれた請求書が送られてきました。突然のことでどう対応していいのかわからなかったBさんは,そのまま放置していたところ,今度は裁判所から訴状が届いたため困ってしまい,当事務所にご相談にいらっしゃいました。

ご依頼を受けた当事務所の弁護士は,男性の離婚について,Bさん以外にも女性問題があり,Bさんには責任はなく,男性自身の責任であること。また男性が妻に支払う解決金は,慰謝料・財産分与を含む額で,男性の固有の債務であることを主張しました。そして,Bさんの現在のお気持ちを陳述書にまとめ裁判所に提出し,Bさんには出廷していただくことはしませんでした。

その結果,こちらの主張が全面的に認められ,男性の請求は棄却されました。Bさんは,最後まで裁判所に足を運ぶことなく,300万円もの請求を回避することができました。

今回のケースのように,突然,高額な慰謝料を請求されましたら,すぐに弁護士にご相談ください。弁護士にすべてを任せることで,精神的な負担も軽減されますので,まずはご相談することをおすすめいたします。

減額した慰謝料
300万円

慰謝料減額解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談45万人!豊富な実績であなたをサポート