慰謝料減額の解決事例

ケース9 交際相手の元妻から慰謝料330万円の請求。弁護士の介入により,280万円もの減額に成功!

Sさんの解決事例(20歳代・女性)

20歳代女性
職業 正社員
結婚歴 なし
子ども なし

Sさんは,以前同じ職場に勤めていた男性と交際していました。ところがある日,交際相手の元妻から裁判を起こされ,330万円の慰謝料を請求されてしまいました。Sさんは,訴状が突然届き,今後どのように対応したらよいのかわかりませんでした。そこで,慰謝料トラブルに詳しい弁護士に話を聞きたいと当事務所にご相談くださいました。

Sさんの話によると,交際相手から付き合い始めた時に「妻とは家庭内別居中で,離婚の話し合いをしている」と聞いていました。その後,交際相手は離婚し,元妻に慰謝料を支払ったとのことでした。Sさんは,離婚に自分も関与していることから,慰謝料を支払う責任は感じているものの,330万は高額すぎて,とても支払える金額ではありませんでした。

当事務所の弁護士は,Sさんが浮気に至った理由が相手より婚姻関係が破綻していると聞かされ,それを信じて交際していたと主張することで,減額できる可能性があることをお伝えしました。

ご依頼いただいた当事務所は,相手方との裁判に臨みました。裁判では,Sさんが交際する以前から夫婦関係は破綻しており,Sさんの浮気のみが離婚に至った原因ではないことを強く主張しました。その結果,当事務所の主張が認められ,慰謝料は330万から280万円減額となり,50万円支払うことで相手方と合意に至りました。

今回のように,夫婦関係は破綻していると聞かされて既婚者と交際した結果,高額の慰謝料を請求されてしまったというケースが多く存在します。弁護士にご依頼いただければ,相手方に対して故意,過失がないことを主張し,慰謝料の減額に尽力します。また,相手方との話し合いがないまま裁判を起こされてしまったら,すぐに慰謝料トラブルに詳しい弁護士に相談することをおすすめします。当事務所は,慰謝料に関するご相談は何度でも無料です。

減額した慰謝料
330万円

慰謝料減額解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談45万人!豊富な実績であなたをサポート