慰謝料減額の解決事例

ケース27 弁護士が浮気以前からの婚姻関係の破綻を主張。慰謝料は300万円→130万円に減額!

Yさんの解決事例(20歳代・男性)

20歳代男性
職業 正社員
結婚歴 なし
子ども なし

Yさんは、インターネットを通じて知り合った女性と意気投合し、SNSで頻繁に連絡を取り合うようになりました。女性は既婚者でしたが、「夫婦関係は悪く、離婚したい」という旨を聞かされており、2人は交際するようになりました。その後、女性方の夫婦は離婚し、2人は交際を続けていましたが、女性が離婚前から浮気をしていたことが元夫に知られてしまいました。Yさんは、元夫から激怒され、後日、元夫の代理人である弁護士から慰謝料300万円を請求する内容証明郵便が送付されてきました。Yさんは、今後、どのように対応してよいかわからず、浮気・不倫の慰謝料トラブルに精通した弁護士の話を聞きたいと当事務所にご相談くださいました。

詳しくお話を伺うと、Yさんには借金があり、「慰謝料300万円はとても支払える金額ではない」と心配されていました。また、頻繁に連絡をとっていたものの肉体関係があったのは1回だけとのことでした。弁護士は、相手方夫婦はすでに婚姻関係が破綻していたこと、浮気の回数が少ないことを主張していけば、慰謝料を減額できる可能性は十分にあるとご説明しました。

ご依頼後、弁護士はすぐに相手方弁護士に連絡をとり、交渉を始めました。知り合った当初から離婚の話合いをしていることを聞かされており、Yさんとの浮気の前から夫婦関係は破綻していたこと、浮気の回数も1回だけであることから、慰謝料は減額されるべきであると主張し、粘り強く交渉を重ねていきました。その結果、慰謝料は300万円から170万円減額された130万円を支払うことで合意に至り、Yさんが無理なく支払えるよう、分割での支払を認めてもらうことができました。

今回のように、浮気以前から相手方夫婦の婚姻関係が破綻していた場合、そのことを主張していくことで、慰謝料を減額できるケースが多くあります。また、慰謝料の支払は分割払いとすることも可能です。弁護士にご依頼いただければ、事情を把握したうえで慰謝料の減額に精一杯努めるとともに、依頼者の方の負担が少しでも軽減できるよう、細かな点にまで気を配って相手方と交渉いたします。ご相談は何度でも無料ですので、まずは当事務所までご相談ください。

減額した慰謝料
170万円

慰謝料減額解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • メールでお問合せ
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。