弁護士コラム 浮気・不倫慰謝料を請求された方へ

【弁護士解説付】不倫の慰謝料請求に応じなければ「訴える!」と言われたら

「浮気の慰謝料を支払ってください。応じないと裁判を起こします」

このような請求がいきなり来たら、びっくりされる方も多いと思います。
「裁判」という馴染みのない言葉を見ると、どうしても不安になってしまいますよね。
そこで、この記事では「裁判を起こされる」という事態をできるだけ回避する方法についてご紹介します。

この記事を読んでわかること

  1. 裁判を起こされた場合の負担
  2. 裁判を起こされる前に取るべき行動
  3. 弁護士に依頼するメリット

裁判を起こされたらどうなるの?

もし裁判を起こされてしまうと、時間や費用などさまざまな点から、あなたには大きな負担が生じます。そのため、同じ状況の人であれば、誰でも裁判を起こされたくはありません。
しかし、いくらあなたが嫌だと思っていても、相手が裁判を起こしてしまえば、無視することはできないのです。
裁判が始まれば、あなたは月1回のペースで裁判所に行かなければなりません。また、「準備書面」や「証拠」の提出といった裁判のための書類を作らなければならず、あなたは多くのストレスを抱えることになってしまいます。

絶対に訴えられない方法はある?

「裁判は絶対にイヤ!」と仰る方は多いです。しかし結論から申し上げると、絶対に裁判を起こされない方法はありません。
たとえ相手の言い値で慰謝料を支払うと言っても、裁判を起こされてしまうケースだってあります。
そのため、裁判を起こされたくないのであれば、相手との話合いで、裁判になる可能性を低くするということが重要になってくるのです。

できる限り訴訟をされないためには?

「絶対に裁判を起こされない方法はない」と言われても、やはり裁判を起こされることは避けたいですよね。
そこで、先ほど申し上げたように「相手との話合いで、裁判になる可能性を低くする」ことが大切になってきます。裁判を起こす・起こさないというのは相手次第ですので、裁判になる可能性を低くするためには、相手に「裁判を起こさない」という気持ちにさせることが重要なのです。

無視しない

まず押さえておくべきなのは、相手の慰謝料請求を無視しないことです。
相手が裁判を起こすかどうかは、相手の気持ち次第です。相手からしても、裁判を起こすことは簡単ではないので、実は裁判にしたくない気持ちも多かれ少なかれ持っています。
それなのに、あなたが請求を無視してしまえば、相手は怒ってしまい、「だったら裁判を起こして解決しよう!」と考え、裁判を起こされる可能性が上がってしまうのです。
たとえ相手の慰謝料請求に納得できなくても、無視してはいけません。

証拠がないことを示す

相手は「慰謝料を支払え」と言ってきていますので、証拠があるようにも思えます。
しかし、裁判に勝てるだけの証拠がないのに、慰謝料の請求をしてきている場合もあるのです。証拠がなければ、裁判を起こしても、相手は裁判に勝てないかもしれません。
そこで相手と話し合い、「証拠がないなら、たとえ裁判を起こしても勝てない」ということを理解させることができれば、裁判を起こされる可能性を下げることができます。

慰謝料の相場を示す

相手によっては、高すぎる慰謝料を請求してくる場合もあります。
しかし、慰謝料には相場があります。そのため、裁判を起こしたところで、慰謝料は相場の範囲でしか認められない可能性が高いのです。

<慰謝料の裁判上の相場>

相手の夫婦が結婚生活を続ける場合数十万円~100万円
相手の夫婦が結婚生活を続けない場合(離婚・別居など)100万円~300万円

※相手の結婚期間はどのくらいか、交際期間はどのくらいかなどの個別事情によって金額は異なります。

あなたが請求されている慰謝料が高すぎる場合には、「たとえ裁判をしても、相場と比べて高すぎる慰謝料は認められない」ことを相手に理解させられたら、裁判を起こされる可能性を下げることができます。

自分で交渉してもいいってホント?

ご自身で相手と話合いをすることは、法律上は問題ありません。そのため、あなたが相手と話合いを行い、裁判を起こされずに終わらせるということも可能です。
しかし、相手は、あなたが浮気をしたと思い、裁判まで考えているような人です。慰謝料の減額交渉を自分ですれば、「反省していないんじゃないか!」と思われて、逆に裁判を起こされてしまうかもしれません。

弁護士に頼むのも訴訟を避ける方法になる?

ご自身で対応されるのも一つの方法ですが、先ほど申し上げたようにリスクもあります。
そこで、「弁護士に代わりに交渉してもらう」というのも一つの方法です。
弁護士であれば、裁判を起こされる可能性も判断できますので、リスクの大きさを考えて、適切に対応することができます。また、慰謝料を支払うにしても、適正な慰謝料で合意するよう交渉することもできるのです。

浮気・不倫の慰謝料請求でお悩みならアディーレ法律事務所にご相談ください

アディーレ法律事務所には、浮気・不倫の慰謝料請求について、豊富な経験と確かな実績を積んだ、優秀な弁護士が多数所属しております。
またアディーレには、損はさせない保証という独自の制度があります(ただし、適用にはいくつか条件があります)。この制度によって、弁護士に頼んだ結果、費用と慰謝料を合わせた金額が、請求を受けた慰謝料の金額よりも高くなってしまうことは、原則としてありません。ぜひお気軽にご相談ください。

執筆者情報

弁護士

髙橋 佑斗

たかはし ゆうと

資格
弁護士
所属
東京弁護士会
出身大学
専修大学法学部、千葉大学法科大学院

アディーレ法律事務所は、慰謝料問題に精通した専属チームがあり、一人のお客さまをチーム全員で担当しているため、スムーズかつ最適なご対応ができます。また、全国に60拠点以上を構え、最寄りの支店へのご来所、もしくはお電話にてご相談いただけます。お電話は朝9時から夜10時まで、事務所は土日祝日も含めて営業しておりますので、お客さまのご都合に合わせた相談が可能です。今後も、お客さまの味方であり続けます。あなたの町のアディーレに、何でも相談してみてください。

※2022年6月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に 関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

※2022年5月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。