弁護士コラム 浮気・不倫慰謝料を請求された方へ

【弁護士解説付】浮気・不倫の慰謝料の支払い方法は?分割ってできるの?

「不倫相手の配偶者に不倫がバレて、慰謝料を支払うことになってしまった…」
慰謝料を支払うつもりはあっても、そのようなまとまったお金をいきなり準備することは難しいですよね。そこで、この記事では、慰謝料の支払いについて、あなたに無理のない支払い方法があることを、弁護士がわかりやすく解説いたします。

この記事を読んでわかること

  1. 浮気・不倫慰謝料は分割払いができる
  2. 分割払いをする際の注意点
  3. 事前に弁護士に相談・依頼することでリスク回避できる可能性が高い

浮気・不倫慰謝料の支払い方法

「不倫をしてしまった以上、慰謝料を支払うのは仕方ないけど、どうやって支払えばいいかわからない…」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。慰謝料の支払いにはさまざまな方法があります。まずは、どんな支払い方法があるのか見ていきましょう。

原則は一括払い

不倫をしていたことが不倫相手の配偶者にバレてしまい、あなたが不倫相手の配偶者に慰謝料を支払わなければならなくなった場合、慰謝料は一括で支払うのが一般的です。一括で支払うとなれば、ご自身の貯金を切り崩したり、周囲の方の援助を受けたりして、まとまったお金をご用意いただく必要があります。

分割払いもあり

しかし、慰謝料はそれなりの金額になるのが通常です。一般的に、浮気・不倫の慰謝料は以下のような相場となっています。

相手夫婦が結婚生活を続ける場合数十万円~100万円
相手夫婦が結婚生活を続けない場合(離婚・別居など)100万円~300万円

※不貞期間や相手の結婚期間などの個別事情によって金額は異なります。

このような額のお金をすぐに準備するのは、簡単ではありませんよね。ですが、慰謝料を請求してきた相手は、あなたの事情を考えてくれるとは限りません。
ただし、相手としては、約束したもののきちんと慰謝料が支払われないという事態を避けたい気持ちもあります。そこで、慰謝料を分割で支払うことを検討してみましょう。

分割払いのメリット

あなたがまとまったお金を持っていないとしても、慰謝料を支払ってほしいという相手の請求に対して、法律的に支払わなくて済むということにはなりません。
あなたが「慰謝料を支払わない」という対応をすれば、相手は怒って、裁判を起こしてくることも考えられます。場合によっては、土地や車など、あなたの財産を差し押さえてくるかもしれません。
慰謝料の分割払いは、あなたが「今の経済状況ではすぐに慰謝料を全額支払えない」という場合でも、頑張れば支払っていけるというメリットがあります。

また、あなたが将来のために蓄えてきた貯金などがあるとしても、いきなりまとまったお金を動かせば、家族に知られてしまうリスクがあります。そのため、あなたが不倫をご家族に秘密にしたいのであれば、毎月決まった額の慰謝料を支払う分割払いを検討するのがよいでしょう。

分割払いをする際の注意点

すぐにまとまったお金を準備できそうにもない方にとって、月々の分割での慰謝料の支払いは、魅力的だと思います。しかし、慰謝料を分割で支払うことには、よいことばかりではなく、リスクやデメリットもあるのです。
「慰謝料の支払いは分割にしてほしい」という要望を相手に伝える前に、リスクやデメリットを知っておきましょう。

一括払いよりも慰謝料の総額が高くなる可能性がある

先ほど説明したとおり、慰謝料は一括で支払うのが原則です。慰謝料を請求してきた相手としては、「すぐにまとまったお金をもらえるのに、わざわざ分割での支払いに応じたくない」と考えるでしょう。そのような相手に分割での支払いを納得させるため、一括で慰謝料を支払う場合に比べて、慰謝料の総額を増やすと交渉し、分割払いを認めてもらいます。
この場合、一括払いよりも慰謝料の総額が高くなるというデメリットがあります。

滞納した場合のリスク

慰謝料を分割で支払う場合、慰謝料の金額自体が増えてしまうリスクのほか、約束どおりに支払えなかった場合のリスクもあります。

①遅延損害金の発生

分割での支払いが遅れた場合には、もとの慰謝料とは別に利息のようなもの(法律上は「遅延損害金」といいます)を支払う必要があります。

②期限の利益喪失約款による差押え

慰謝料を分割で支払っていく場合には「分割の支払を●回怠ってしまうと、これまで支払ってきた金額を差し引いた残額を一括で請求する」という条件を付けるのが一般的です。
このような条件が付いている場合、支払いが遅れてしまうと、残りの金額を一括で支払ってほしいと求められます。そのとき支払えなければ、場合によっては差押えを受けることがあるのです。
差押えを受けてしまうと、あなたの財産の一部を取り上げられてしまうことになりますので、支払いが遅れないように注意する必要があります。

支払い終わるまで相手との関係が切れない

分割で慰謝料の支払いを約束した場合、あなたは相手から指定された振込口座に毎月入金することになります。そして、月々の分割の金額が小さい場合、あなたは数年にわたって慰謝料を支払い続けなければなりません。
あなたがしてしまったこととはいえ、不倫・浮気について、数年間は慰謝料の支払いによって縛られることは、これから前を向いて人生を歩んでいこうとするあなたにとって負担になるとも考えられます。

弁護士への相談・依頼で、トラブル防止や慰謝料減額の可能性あり

実際の事案では、慰謝料額や支払うこと自体は決まっているのに、支払いを一括と分割のどちらにするかで交渉がまとまらない場合も多くあります。最後の最後に条件一つで、交渉がまとまらなくなるのは非常に残念なことです。そうならないためにも弁護士に相談・依頼することで交渉をスムーズに合意までもっていくことができます。また、支払い方法についてだけでなく、慰謝料の減額やトラブルを避けるためのさまざまな交渉を行うことができます。

途中で行き詰まらない分割のスケジュールを考えられる

先ほども説明したとおり、月々の慰謝料の支払いが滞ってしまうことにはリスクがありますので、分割の金額は無理のない範囲で決めたいところです。
ですが、毎月5,000円など、月々支払う慰謝料が低すぎるのも、相手にとってみれば、受け入れられないことがあります。
そのため、途中で慰謝料の支払いが滞ることないような金額で、かつ、相手からも受け入れられるような分割のスケジュールを組む必要があります。

弁護士は、交渉できるだけでなく、家計についても詳しい知識を持っていることが多いです。弁護士に依頼すれば、あなたにとって、よりよい分割のスケジュールを組み、それを相手に認めさせることが期待できます。

慰謝料を減額できる可能性がある

分割のスケジュールを相談する際に、そもそも慰謝料の総額が適正かどうかという点についても、弁護士が判断してくれます。
先ほど説明したとおり、分割で慰謝料を支払うことになれば、慰謝料の総額が増えてしまうことがあります。しかし、そうだとしても適正な金額というものがあります。
実際に、分割のスケジュールを相談してみたら、支払わなければならない慰謝料の金額が減るかもしれないとわかったということもあります。

まとめ

これまで解説したように、慰謝料の支払い方法は、一括払いだけでなく分割払いも選択できます。しかしながら、分割払いの場合には、総額や月々の支払い額が多くなるなど、リスクもあるのです。弁護士に依頼することで、総額を抑えつつ無理のない範囲での分割払いの交渉を進めることができます。今、ご自身で交渉している方は、分割払いで合意できそうだとしても、上記のようなリスクを踏まえ慎重に話を進める必要があります。もし判断に困ったときは、弁護士に依頼することで未然にリスクを防ぐことができますので、ぜひご相談してみてはいかがでしょうか。

執筆者情報

弁護士

一宝 雄介

いっぽう ゆうすけ

資格
弁護士
所属
第二東京弁護士会
出身大学
専修大学法学部、中央大学法科大学院

アディーレ法律事務所は、慰謝料問題に精通した専属チームがあり、一人のお客さまをチーム全員で担当しているため、スムーズかつ最適なご対応ができます。また、全国に60拠点以上を構え、最寄りの支店へのご来所、もしくはお電話にてご相談いただけます。お電話は朝9時から夜10時まで、事務所は土日祝日も含めて営業しておりますので、お客さまのご都合に合わせた相談が可能です。今後も、お客さまの味方であり続けます。あなたの町のアディーレに、何でも相談してみてください。

※2022年6月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に 関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

※2022年5月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。