浮気・不倫の慰謝料減額の弁護士費用

浮気・不倫の慰謝料減額の弁護士費用

弁護士費用

「弁護士費用が不明確で依頼しづらい…」。弁護士費用は、一般的に、「弁護士は敷居が高い」という印象を持たれてしまう原因のひとつでした。
アディーレでは、慰謝料を請求されてしまった方が、躊躇することなくすぐ弁護士に相談し、慰謝料を減額することができるよう、依頼内容に応じて弁護士費用を明確に設定しております。

弁護士費用には、ご依頼前のご相談時に発生する「相談料」と、ご依頼後に発生する「着手金」、「報酬」などがございます。各費用の詳細についてご説明いたします。

ご依頼前のご相談について

浮気・不倫の慰謝料の減額に関するご相談は、何度でも無料です。

アディーレでは、皆さまに安心して気軽にご相談いただけるよう、相談料をいただいておりません。

ご依頼後に発生する弁護士費用について

ご依頼いただいた場合は、「着手金」と「報酬」、「実費」が発生いたします。

不貞行為についての慰謝料の減額サービス
着手金(税込) 21万6000円
日当(税込) 出廷1回につき3万2400円
報酬(税込) 経済的利益の17.28%
(例えば、慰謝料80万円を減額できた場合、80万円×17.28%=13万8240円となります。)
サービス内容 示談交渉、損害賠償請求訴訟

実費の負担について

手続を進めるためにはさまざまな実費(交通費、通信費、郵券、印紙代、内容証明費用など)が発生します。しかし当事務所では、ご契約時に手数料として1万円(税込)しかいただいておりません。

※訴訟実費、弁護士会照会費用、公正証書印紙代については、別途実費をご負担いただきます。

弁護士の日当について

  • 調停同席希望の場合
    原則として、出廷1回につき一律5万4000円をいただきます。(全国共通)
  • 審判・訴訟
    原則として、出廷1回につき一律3万2400円をいただきます。(全国共通)

成功報酬の清算について

成功報酬は、解決時に清算いたします。

※税法の改正により消費税等の税率が変動した場合、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算します。

「損はさせない保証」で費用倒れの不安を解消!

浮気・不倫の慰謝料減額事件を当事務所にご依頼いただき、成果が得られなかった場合には、着手金をお返しする、「損はさせない保証」という独自のサービスを導入しております。
「弁護士に依頼することで、お金の負担が増えたらどうしよう…」、「本当に慰謝料を減額できるの?」といったご不安をお持ちの方も、どうぞ安心してご依頼ください。

減額が
全くできなかった場合
着手金を
全額返還
減額できた金額が
着手金に満たなかった場合
着手金との差額分返還

具体例

突然、浮気相手の配偶者から慰謝料200万円を請求されてしまったAさん。弁護士に交渉を依頼しましたが、浮気の主導者がAさんで、相手方夫婦が離婚をしたなど、Aさんにとって不利な事情が多く、慰謝料を減額することができませんでした。このように、慰謝料を減額できなかった場合、Aさんからいただいた着手金は全額お返しします。

弁護士依頼時

請求された慰謝料
200万円
合計
200万円

弁護士依頼後

請求された慰謝料
200万円
着手金
21万6000円
実費
1万円
合計
222万6000円

22万6000円、負担が増えてしまう!

「損はさせない保証」適用

22万6000円は依頼者の方へ返還

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応