慰謝料請求の解決事例

ケース19 時効前に浮気相手へ慰謝料請求!弁護士の介入により、慰謝料100万円の獲得に成功!

Aさんの解決事例(40歳代・女性)

40歳代女性
職業 主婦
結婚歴 6~10年
子ども あり

Aさんは、ある日、夫の浮気を知り、浮気相手と話合いをしたところ、「今後一切、夫とは会わない」と約束されました。しかし後日、浮気相手が再度、夫と浮気をしていたことが発覚しました。Aさんは2人が許せませんでしたが、家庭の事情から、すぐに離婚をすることや、慰謝料を請求することができませんでした。それから約2年が経過し、ようやく家庭が落ち着いたため、まずは浮気相手に慰謝料を請求したいと思い、当事務所にご相談くださいました。

Aさんに詳しくお話を伺うと、いずれ離婚をするつもりで、離婚をしたら夫にも慰謝料を請求したいとのことでした。当事務所の弁護士は、今後、夫に慰謝料を請求するつもりであれば、浮気相手から慰謝料を獲得した際の合意書に求償権(浮気相手が夫に対し、支払った慰謝料を請求すること)の放棄を記載しておいたほうがよいとご説明しました。

依頼後は、浮気相手との話し合いを始めました。弁護士は、浮気相手が約束を破り、再び不貞行為をしたことは非常に悪質で、Aさんは離婚を考えるほど精神的ショックを受けていると主張しました。その結果、慰謝料100万円が支払われることで合意に至り、合意書には浮気相手が求償権を放棄する一文も記載できました。

今回のように、まずは浮気相手に慰謝料を請求し、離婚後に元夫(妻)へ慰謝料を請求したいという依頼者の方もいらっしゃいます。弁護士にご依頼いただければ、依頼者の方にとって最善の結果となるように方針を立て、全力を尽くします。慰謝料請求の時効は、配偶者の不貞行為と浮気・不倫相手を知った日から3年というのが原則ですので、お早めのご相談をおすすめしております。浮気・不倫の慰謝料請求に関するご相談は何度でも無料です。まずは、当事務所にご相談ください。

獲得した慰謝料
100万円

慰謝料請求解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • メールでお問合せ
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。