弁護士コラム 浮気・不倫慰謝料を請求したい方へ

【弁護士解説付】浮気相手が慰謝料を支払わない…裁判って何をすればいい?

浮気相手がいろいろと言い訳をして慰謝料を支払ってくれない場合、泣き寝入りするしかないのでしょうか?それとも、裁判までする必要があるのでしょうか?

今回は、浮気・不倫の慰謝料請求について、裁判までしたほうがいい場合や裁判での注意点を中心に解説いたします。

この記事を読んでわかること

  1. 裁判をしなくても慰謝料はもらえる!
  2. 裁判のために用意するもの
  3. 裁判する場合の流れ

慰謝料は裁判をしなければもらえない?

慰謝料は、必ずしも裁判しなければ支払ってもらえないわけではありません。一般には、裁判をしなくても、浮気相手との話合いをするだけで慰謝料を支払ってもらうことができます。

自分で浮気・不倫相手と示談交渉をする場合はこちら

しかし、なかには裁判をしなければ、浮気相手から慰謝料を支払ってもらえない場合があります。
では、裁判が必要になるのは、どういう場合なのでしょうか?

裁判が必要なのは、どういう場合?

浮気相手が肉体関係を認めない

浮気相手が「肉体関係はない!」と主張している場合、相手が素直に慰謝料を支払ってくれることは少ないです。

そのため、話合いを何度重ねても、慰謝料についての話が進みません。そのため、浮気の証拠があるならば、慰謝料請求の裁判を起こすことも一つの手段です。

<注意点>

証拠が少ない状態で裁判を起こしてしまうと、証拠が足りないのに訴訟をしたということで、「不当訴訟」だと言われてしまう可能性があります。

浮気相手が慰謝料を支払わない・低い金額しか提案しない

浮気相手が肉体関係を認めたのに、慰謝料を「支払わない」または「支払えない」と主張している場合や、「1万円なら支払う」など低い金額しか提案しない場合には、あなたが納得する額の慰謝料を支払ってもらえないことになります。

そこで、あなたが納得する慰謝料を支払ってもらうために、浮気の慰謝料を請求する裁判を起こすことになります。

この場合、浮気相手は、肉体関係があったことは認めているので、裁判になっても事実関係の部分を争ってくることは少ないでしょう。

<注意点>

浮気相手が肉体関係を認めていても、いざ裁判になったら、事実関係を否定してくることもありえます。裁判を起こしたら、相手が急に態度を変えて「肉体関係があったという証拠がない」と主張してくることはよくあります。

もし、裁判まで考えているならば、LINEやメールなど形に残る方法で話合いをして、肉体関係を持ったことを認める証拠を残しておくことが重要です。

「いきなり裁判」をするのってアリ?

相談者のなかには、「いきなり裁判を起こしたい」と希望される方もいらっしゃいます。その理由として、以下のようなものがあります。

  • 自分から相手に連絡したくない
  • 相手のことが許せないので、裁判所に呼び出したい
  • 裁判で白黒つけたい

精神面から言っても、自分の夫や妻と肉体関係を持った相手と積極的に話合いを望む人は少ないですが、徹底的にやっつけてやりたいという気持ちになることは、非常によく理解できます。

まず、法的な話をすると、「裁判の前に、当事者間で話合いをしておく必要がある」といった法律はありません。そのため、お互いに話合いをせずに、いきなり裁判を起こすことはできます。

しかし、いきなり裁判を起こすのは、弁護士としておすすめできません。
というのは、裁判といってもできることに限界があり、以下のような3つのリスクがあるからです。

【リスク1】浮気相手が裁判所からの呼び出しに応じない

裁判をするには、手間・費用・時間がかかります。裁判をしても、浮気相手が裁判所からの呼び出しを無視して、裁判に出てこない可能性があります。
裁判で徹底的に責任追及したいというご希望があっても、それがかなうかわかりません。

【リスク2】言いたいことが言えず、相手側の弁護士に言いくるめられる可能性がある

では反対に、相手が裁判所からの呼び出しを無視しなかった場合は、どうでしょうか?
この場合、浮気相手が弁護士をつけて対応することが非常に多いです。相手に弁護士がついた場合、裁判所に来るのは相手の弁護士だけなので、あなたが浮気相手に自分の言いたいことを直接伝えたくても、言えないまま裁判が進むという可能性があります。
加えて、場合によっては、裁判で相手の弁護士に言いくるめられてしまうことも考えられます。

【リスク3】裁判に負けると、浮気相手に「自分は悪くない」と勘違いさせてしまう

では、相手が裁判に来なくてもいいから責任を取らせたいと希望する場合は、どうでしょうか?
裁判をするには証拠が必要ですが、証拠が足りなければ負けてしまいます。本当は、肉体関係があったのに、証拠が不十分なせいで裁判に負けるということになりかねません。そうすると、浮気相手は「裁判で『自分に責任がない』と言ってもらえた!ラッキー!」と勘違いすることもあります。

自分で裁判できるってホント?

浮気相手と交渉をしてもダメだった場合、自分で裁判を起こすことはできるのでしょうか?

結論から言えば、裁判は誰でも起こすことができます。そのため、弁護士を使わずに、ご自身で浮気相手に対して裁判を起こすことができます。もちろん、裁判の専門的な知識や経験も必要になりますが、弁護士に頼まずに、ご自身で裁判を起こすことは可能です。

では、裁判を自分で起こす場合の流れについて見ていきましょう。

裁判って何をしたらいいの?

ここでは、裁判の流れや、裁判のために準備すべきことについてお話しします。

裁判の流れ

  1. 裁判を起こす
  2. 裁判をするためには、「なぜ裁判を起こすのか」をまとめた文書(「訴状」といいます)と証拠が必要です。

  3. 裁判に行く
  4. 裁判を起こしたら、いよいよ裁判が始まります。裁判は、平日の9時から17時の間に行われますので、ご自身で裁判を行う場合には、仕事を休まなければならないかもしれません。 裁判所から指定された日時に裁判所に行き(「期日出廷」といいます)、あなたの考えを裁判官に伝えます(「証人尋問」といいます)。

  5. 解決
  6. 裁判所で最終的な判決が下された、または浮気相手と慰謝料について合意できたら、裁判は終わります。

証拠の収集

裁判を行うにあたって、絶対に必要なのが浮気の証拠です。

よく「裁判は証拠がすべて」と言われますが、浮気が事実であっても、証拠がない場合には裁判に負けてしまう可能性があります。浮気の証拠として、肉体関係があったといえるような、動画、写真、LINEなどのトーク履歴、探偵の報告書などを集める方が多いです。

時間の確保

「裁判は時間がかかる」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

裁判で判決が下されるまでには、一審(最初の裁判所)だけで、だいたい1年ほどかかると言われています。また、裁判は、月に1回のペースで行われることが多いです。

ご自身で裁判をする場合には、1年ほど、裁判に出るために毎月お仕事を休まなければならないということも考えなければなりません。

【まとめ】浮気・不倫の慰謝料請求に関する裁判について無料相談をしたいならアディーレへ

浮気・不倫の慰謝料について裁判をしたいと思っているけれども、「時間がない」「弁護士に任せたい」とお考えになる方は多くいらっしゃいます。そんなときは、アディーレ法律事務所にご相談ください。

アディーレ法律事務所では、これまで多数の浮気・不倫問題のご相談・ご依頼を受けており、蓄積された経験を活かして、慰謝料の獲得に尽力いたします。まずは、弁護士との無料相談をご利用ください。

執筆者情報

弁護士

鎌田 遼

かまた りょう

資格
弁護士、宅地建物取引士、行政書士
所属
東京弁護士会
出身大学
青山学院大学法学部

アディーレ法律事務所は、慰謝料問題に精通した専属チームがあり、一人のお客さまをチーム全員で担当しているため、スムーズかつ最適なご対応ができます。また、全国に60拠点以上を構え、最寄りの支店へのご来所、もしくはお電話にてご相談いただけます。お電話は朝9時から夜10時まで、事務所は土日祝日も含めて営業しておりますので、お客さまのご都合に合わせた相談が可能です。今後も、お客さまの味方であり続けます。あなたの町のアディーレに、何でも相談してみてください。

※2022年6月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に 関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

※2022年5月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。