慰謝料請求のよくある質問

浮気相手に慰謝料を請求したいのですが、配偶者と浮気相手とのメールやLINEのやり取りは証拠になりますか?

メールやLINE、FacebookなどのSNSは、やり取りの内容次第で証拠になるかどうか、また、証拠としての強さが変わってきます。たとえば、肉体関係があったことを推測できる内容であれば、慰謝料請求で有利な証拠となります。一方で、日常的な内容のやり取りだけでは証拠としては弱く、肉体関係があったという決定的な証拠にはならないことがあります。

ただし、メールのやり取り、飲食店やホテルの領収書、カーナビの記録、相手へのプレゼントのレシートやクレジットカードの利用明細など小さな証拠を積み重ねることで、浮気や不倫による不貞行為があった事実を立証することができる場合もあります。確固たる証拠となるのは、浮気現場の写真やビデオ(動画)で、交渉を有利に進めることができます。

弁護士に依頼すると、限られた証拠でも慰謝料を獲得できる場合や、浮気相手と粘り強く交渉し、浮気相手本人から自白を取れる可能性もあります。浮気・不倫の証拠について、詳しくはこちらをご覧ください。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • メールでお問合せ
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。