慰謝料請求について

浮気・不倫の慰謝料請求で有利となる証拠とは?

浮気・不倫の慰謝料請求で有利となる証拠とは?

浮気・不倫相手へ慰謝料請求を行う際に必要となるのが「証拠」です。証拠としては,メールや写真,動画,浮気・不倫を自白した録音,ホテルのレシートなどさまざまものが考えられます。有利な立場で慰謝料請求を行うために必要な証拠についてご説明します。

慰謝料請求を行う際に“有利”と判断される証拠

浮気の証拠といえば,メールやLINEのやり取りなどを連想される方が多いと思いますが,証拠能力は内容によって異なります。いっぽうで,性行為の場面を写した動画や写真,ホテルに出入りする写真やその目撃情報を記載した探偵の報告書などは,浮気・不倫の「証拠」として認められやすいです。

慰謝料を請求する際の証拠品の証拠能力の一覧を下記にまとめました。

慰謝料を請求する際の証拠品の証拠能力の一覧
証拠品 証拠の内容 特に有利になりなりやすい証拠
メール,SNS(LINE・Facebookなど) 肉体関係があったと推測できる内容
肉体関係が確認できない日常的な内容  
写真・動画 ホテルなどに出入りしている写真・動画
性行為の写真やそれに近い写真・動画
浮気・不倫を自白した録音 配偶者や浮気・不倫相手が浮気・不倫の事実を認めた録音
電話の通話記録・通話履歴 肉体関係があったと推測できる電話の通話記録
電話をしていたことがわかる通話履歴  
領収書 肉体関係があったと推測できる領収書
(ラブホテルなど)
肉体関係があったと確認できない領収書
(レストランなど)
 
利用明細や利用記録 肉体関係が確認できない日常的な利用記録
(買い物,カーナビなど)
 
探偵・調査会社の報告書 ホテルに出入りする写真や目撃情報を記載した報告書

複数の証拠を組み合わせて,慰謝料請求を行う方法

「肉体関係が確認できない証拠しかない…」という方でも,複数の証拠を組み合わせることで浮気・不倫の事実を明らかにし,慰謝料を請求できる可能性があります。証拠の収集や浮気・不倫相手との交渉をひとりで行うのは負担となりますので,弁護士に依頼することをおすすめします。

証拠がない場合

交渉で慰謝料を請求する場合,明確な証拠がなくても,浮気相手が不貞行為を自白すれば,慰謝料を獲得できる可能性は十分にあります。弁護士が「法的な責任追及を行う」と連絡すれば,すぐに自らの過ちを認めて謝罪し,慰謝料の支払に応じることもあります。

証拠能力が強い証拠がなくても,慰謝料請求を諦める必要はありません。「どう考えても配偶者は浮気している!」と思ったら,まずは慰謝料に詳しい弁護士に相談してみましょう。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談35万人!豊富な実績であなたをサポート