慰謝料減額について

慰謝料を請求されたらまず確認することは?

慰謝料を請求されたらまず確認することは?

浮気・不倫の慰謝料を請求されたからといって,相手に言われるがまま,すぐ支払わないようにしましょう。まずは,浮気・不倫での事実の整理をしてください。浮気・不倫相手が既婚者だと知りながら肉体関係を持ってしまった場合,原則,浮気相手の配偶者からの慰謝料請求に応じなければなりませんが,状況によっては慰謝料の金額を減額できるケースや,慰謝料を支払わなくてよいケースもあるためです。

弁護士に相談すれば,請求された浮気・不倫の慰謝料が適正な金額であるのかどうか,過去の判例や相場から判断することができます。

慰謝料を請求されたら確認すること

浮気・不倫の慰謝料を請求されたら,まずは下記について確認をしてください。

  • 不貞行為は本当にあったのか
  • 浮気・不倫相手が既婚者であることを知っていたか
  • 浮気・不倫相手の夫婦関係は破綻していたか
  • 自らの意志で肉体関係を持ったのか

慰謝料の支払は,不貞行為(肉体関係)の有無や,浮気・不倫相手の夫婦の状況,事実の把握などによって,左右されるからです。

そして,下記の場合は,慰謝料を支払わずに済む可能性があります。

慰謝料を支払わなくてもよい主なケース

肉体関係がない!

そもそも,相手と肉体関係がない場合,慰謝料を支払う必要は原則ありません。

ただし例外として,社会通念上,許されない親密な関係を持っていた場合があります。たとえば,頻繁にデートを重ねて,キスなどの行為をしていたときです。肉体関係はないため,不貞行為には該当しませんが,既婚者と親密な関係を持てば,「夫婦の平穏・円満な共同生活を送る権利」の侵害にあたり,肉体関係はなくても,慰謝料を支払わなければならないケースもあります。安易に「支払う必要はない」と自分で判断して,放置するのは危険です。

浮気・不倫相手が,結婚していることを知らなかった!

慰謝料の請求が認められるためには,あなたに「故意・過失」がある必要があります。相手が既婚者であることを知らずに,かつ,知らなかったことについてあなたに落ち度がない場合,慰謝料を支払う必要はありません。ただし,「故意・過失」については,「知らなかった」といえば,認められるわけではなく,判断には専門知識を必要とします。

夫婦関係が破綻をしていた

浮気相手の夫婦が別居しているなどで,不倫をする前から夫婦関係が完全に破綻している場合には,法律が保護している「夫婦が平穏・円満な共同生活を送るという権利」が存在せず,慰謝料の支払い義務はありません。別居の有無が基準にはなりますが,別居をしていても,夫婦の具体的状況次第では破たんしていないと判断されるケースもあります。

不貞行為が,自分の意思ではない

強姦・脅迫など場合など,自由意思を制圧するほど無理やり肉体関係を持たされた場合,あなたに責任はなく,慰謝料の支払に応じる必要はありません。ただし,自分の意志で断れた場合など,主張は認められないときもあり,具体的状況次第になります。

慰謝料が発生するか否かについては,それぞれの状況によって異なります。ご自身だけで判断するのはとても困難ですので,弁護士への相談をおすすめします。

そのほか,慰謝料が減額されやすいケースについては,慰謝料が減額されやすいのはどのようなケース?をご確認ください。

慰謝料が減額されやすいのはどのようなケース?を見る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談35万人!豊富な実績であなたをサポート