浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所

不倫相手が許せない!慰謝料を請求したい!

お知らせ一覧はこちら

2017.09.08
慰謝料請求の解決事例集(請求する場合)に「ケース106 夫と同じ職場の不倫相手に、業務以外で連絡しないと合意させ、慰謝料150万円を獲得!」を追加しました
2017.06.09
慰謝料請求の解決事例集(請求する場合)に「ケース105 夫がダブル不倫(W不倫)をしていた!弁護士が交渉して慰謝料150万円を獲得!」を追加しました

相談無料!まずは弁護士にご相談ください。
アディーレがあなたの強い味方になります!

「自分には無縁だと思っていたのに、パートナーに浮気・不倫が発覚…」。
怒り、悲しみ、悔しさなど、さまざまな感情をお持ちかと思います。その気持ちを“慰謝料請求”という形で、不倫相手にぶつけ、責任を取らせることができます。

慰謝料請求には、法的な知識や交渉術が必要です。弁護士であれば、依頼者の方にすこしでも有利になれるよう交渉し、適正な慰謝料を獲得できるように全力を尽くします。きっとあなたの「心強い味方」になれるはずです。浮気・不倫に関する慰謝料に関するご相談は、何度でも無料の当事務所までご連絡ください。

費用倒れと経済的な負担が心配…。
アディーレは、「損はさせない保証」をご用意!

弁護士に依頼すると「弁護士費用が不明確で高い」と費用の心配をしている方も多いのではないでしょうか。当事務所では、相談者の方が費用面で不安を感じないように、弁護士費用を依頼に応じて明確に設定しております。

さらに、安心してご依頼いただけるよう、アディーレ独自の「損はさせない保証」をご用意しています。

損はさせない保証とは?

浮気・不倫の慰謝料請求事件を当事務所にご依頼いただき、成果が得られなかった場合には、着手金をお返しいたします。

  • 相手側と金額について
    合意できなかった場合

    「損はさせない保証」適用

    着手金を全額返還

  • 相手側と合意した金額が
    着手金を下回っていた場合

    「損はさせない保証」適用

    着手金との差額分を返還

弁護士費用や「損はさせない保証」についてより詳しく見る

慰謝料請求を弁護士に依頼する
メリット

ご自身で慰謝料請求を行う場合、直接、不倫相手と話さなければなりませんし、法律に関する知識不足による妥協や反論の心配など、精神的に大きな負担となる可能性もあります。弁護士にご依頼いただければ、これらの負担が軽減され、下記のメリットもあります。

Merit1弁護士からの請求は、
あなたの本気の怒りを伝えます

弁護士からの請求は、あなたの本気の怒りを伝えます

浮気・不倫相手は、「好きになった人がたまたま既婚者だった」などと、軽く考えていることが多いです。そのため、あなたからの慰謝料請求を無視する可能性があります。しかし、弁護士から内容証明郵便などの書面が届くと、あなたの本気の怒りが伝わって態度が一変し、事の重大性に気づいてきちんと対応するケースが多いです。

Merit2適正な慰謝料の獲得を目指して、
弁護士が粘り強く交渉

適正な慰謝料の獲得を目指して、弁護士が粘り強く交渉

適正な金額の慰謝料を獲得するためには、過去の判例や法律の知識、交渉のテクニックなどが必要です。弁護士であれば、法律の専門家としての知見を駆使して、不倫相手と粘り強く交渉し、適切な慰謝料の獲得を目指します。

Merit3依頼者の方の気持ちに
弁護士が全力で応えます

依頼者の方の気持ちに弁護士が全力で応えます

弁護士が交渉することで、あなたは浮気相手と接する必要はなく、余計なストレスの心配もいりません。弁護士はスピーディーな解決はもちろん、浮気相手と配偶者の関係を断ち切り、慰謝料の未払などの後々に起こり得るトラブルを防ぐための和解書なども作成できます。

弁護士に依頼して
慰謝料を獲得した事例

当事務所へ慰謝料請求のご相談をいただいた方の事例をご紹介しています。今のあなたと同じ状況の事例から、弁護士に依頼をすることでどのような解決が見込めるのか、参考にしてみてください。

30歳代男性の場合

30歳代男性の場合
子どもあり/結婚歴11~15年
獲得した
慰謝料
300万円
妻の浮気が原因で離婚。弁護士が強気で浮気相手の責任を追及!

妻の浮気を知り、妻と浮気相手を問い詰めて二度と会わないことを約束させましたが、その後も2人は関係を続けていたため離婚をしました。そして、離婚後も浮気相手のことが許せず、慰謝料を請求したいとの依頼を受けた当事務所は、証拠から浮気の事実は明らかであり、浮気により離婚に至ったことを弁護士が強く主張しました。浮気相手は言い逃れととられる発言をするなど不誠実な対応をしてきましたが、弁護士が強気な態度で交渉を続けて、慰謝料300万円を獲得することができました。

40歳代女性の場合

40歳代女性の場合
子どもあり/結婚歴11~15年
獲得した
慰謝料
200万円
夫が不倫相手との交際をやめない。慰謝料と「二度と会わない」約束に成功。

匿名の電話から夫の不倫を知り、携帯のメール履歴などを証拠に問い詰めたところ、夫は浮気を認めました。その後、夫と不倫相手が旅行へ行くなど、関係が続いており、不倫相手に「事の重大さ」をわからせたいと当事務所に依頼されました。弁護士が不倫相手に慰謝料を請求する旨の書面を送付すると、不倫相手は文書に驚き、早急に解決できるのであればと、慰謝料200万円の支払に応じました。また、夫と不倫相手にお互いが二度と会わないことを約束する念書を書いてもらい、スムーズな解決となりました。

他の慰謝料請求の解決事例はこちら

慰謝料請求について

浮気・不倫相手に慰謝料請求ができる場合とできない場合

浮気・不倫相手に慰謝料請求ができる場合とできない場合

配偶者が浮気・不倫をしたからといって、必ず浮気相手に対して慰謝料請求ができるわけではありません。浮気相手に慰謝料を請求するためには、浮気相手が既婚者であることを知りながら肉体関係を持ったこと、もしくは、既婚者であることを知らない場合には、既婚者であることを知らなかったことにつき過失があることが必要になります。また、浮気・不倫については、円満な婚姻関係に影響を与えるからこそ違法であるとされているため、そもそも浮気があった時点で浮気とは関係なく既に婚姻関係が破綻していた場合には、権利が侵害されたとはいえず、慰謝料の請求が認められないケースもあります。

浮気・不倫相手に慰謝料請求ができる場合とできない場合について詳しく見る

浮気・不倫の慰謝料はいくらぐらい?

浮気・不倫の慰謝料はいくらぐらい?

浮気・不倫による慰謝料の金額は、法律で基準が定められているわけではなく、個別事情を考慮しながら交渉や裁判などで決めていきます。一般的な相場は、100万円~300万円の範囲内であり、浮気・不倫による不貞行為が原因で離婚するか否かによって目安となる金額は異なります。また、浮気・不倫の期間などの事案によって増減され、離婚や別居をしていない案件や不貞期間が短い場合には50万円程度の金額が認定され、不貞期間が長期にわたっており、不貞による妊娠・出産がなされている悪質なケースにおいては300万円以上の金額が認定されることもあります。

浮気・不倫の慰謝料はいくらぐらい?について詳しく見る

慰謝料請求についてより詳しく見る

ご相談の流れ

Step1まずはお電話を!

まずはお電話を!

0120-783-184に、まずはお電話ください(朝10時~夜10時・土日祝日も電話予約を受付)。

Step2弁護士へご相談

弁護士へご相談

ご予約いただいた相談日時に、弁護士があなたからのご相談を伺い、アドバイスや法的見解をお伝えします。

Step3検討・交渉

検討・交渉

慰謝料請求に必要な資料を収集し、その資料をもとに相手方の住所や財産状況等調査したうえで、適正な条件での慰謝料の獲得を目指して浮気相手と交渉などをします。

Step4解決

解決

浮気相手と和解や示談をしたら、和解書などの書面作成を行います。弁護士・事務員が解決まで全力でサポートいたします。

ご相談の流れについてより詳しく見る

慰謝料請求に関する
よくある質問

Q現在、夫と別居中ですが、夫の浮気相手に慰謝料を請求することはできますか?

夫婦の婚姻関係がすでに破たんした状態で別居し、その後に浮気・不倫があった場合、浮気相手に対して慰謝料を請求することはできません。ただし、夫の単身赴任など…

詳しく見る

Q夫の浮気相手に慰謝料を請求したいのですが、相手は収入がないと言っています。あきらめるしかないのでしょうか?

法律上、収入や資産がないことを理由に支払を免れることは許されません。ただし、収入や資産がまったくない浮気相手から慰謝料を支払ってもらうためには…

詳しく見る

Q浮気・不倫の慰謝料は、どのように請求すればよいですか?

まずは書面で、浮気・不倫の根拠を示すのが一般的です。時効が迫っている場合は、内容証明郵便などの書面で送ります。また、書面ではなく電話で交渉するケースも多くあります。…

詳しく見る

よくある質問の一覧はこちら

浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応