慰謝料請求について

浮気・不倫相手に慰謝料請求ができる場合とできない場合

浮気・不倫相手に慰謝料請求ができる場合とできない場合

配偶者が浮気・不倫をしていたからといって、必ず浮気・不倫相手に対して慰謝料請求ができるわけではありません。慰謝料を請求できる場合とできない場合の違いをご説明します。

浮気・不倫相手に慰謝料を請求できる場合

浮気・不倫相手に慰謝料を請求するためには、下記の条件を満たす必要があります。

  • 浮気・不倫相手に「故意・過失」があること
  • 法律上の浮気・不倫、すなわち不貞行為によって、あなたが「権利の侵害」を受けたこと

これら以外にも細かい条件がありますが、この2つが基本です。下記で詳しく解説します。

故意・過失
認められるケース × 認められないケース
  • 既婚者であることを知りながら肉体関係を持った
  • 浮気・不倫相手は、既婚者と浮気・不倫をしていると気がつく状況であるにも関わらず、把握していなかった
  • 既婚者だと知っていたが、婚姻関係がすでに破綻していたと勘違いし、注意を払えば破綻していないことに気がつく状況であったにもかかわらず肉体関係を持った
  • 出会い系サイトなどで知り合い、お互いの素性をまったく知らず、既婚者であることに気づく余地のないまま肉体関係を持った
  • 浮気相手の自由意思で肉体関係を持っていなかった(強制性交・脅迫など)
権利の侵害
認められる場合 × 認められない場合
  • 浮気・不倫により、それ以前は円満だった夫婦関係が悪化し、離婚した
  • 浮気・不倫相手と配偶者の間に肉体関係はなかったが、夫婦関係が破綻するほどの親密な交際をしていた
  • 夫婦の仲が悪く、共同生活がすでに破綻していた(夫婦が別居している場合、婚姻関係が破綻していたと判断される可能性が高い)

浮気・不倫相手に慰謝料請求できない場合

浮気・不倫相手に慰謝料を請求できない場合は、下記の2つのケースが考えられます。

  • すでに精神的な損害を補う十分な慰謝料を受け取っている
  • 時効が経過してしまった

すでに精神的な損害を補う十分な慰謝料を受け取っている場合とは?

配偶者からすでに十分な慰謝料を受け取った場合、浮気・不倫による損害の支払いが済んでいるため、浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

(例)Aさん(妻)が浮気・不倫をしたAさん(夫)から200万円の慰謝料を受け取った場合、客観的に妥当な慰謝料金額200万円の場合には、Aさん(妻)はすでに不貞行為によって被った損害の全額の支払いを受けているため、浮気・不倫相手に対して慰謝料を請求することはできません。

浮気・不倫相手に慰謝料請求できない場合の相関図

ただし、慰謝料が支払われた理由が、不貞行為だけではなく、暴力などの理由もあった場合、配偶者だけではなく浮気・不倫相手に対して慰謝料を請求できる可能性があります。

時効が経過してしまった場合とは?

慰謝料請求には時効があり、不貞行為の事実および浮気・不倫相手を知った時点から3年を過ぎると慰謝料の請求ができなくなります。浮気・不倫を知ってから長期間経っている場合には、時効が完成していることもあります。詳しくは「慰謝料の時効とは?」をご覧ください。

慰謝料の時効とは?を見る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • メールでお問合せ
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。