弁護士コラム 浮気・不倫慰謝料を請求したい方へ

【弁護士解説付】妊娠中に夫が浮気・不倫!そのときあなたが取るべき行動とは?

妊娠中に夫が浮気・不倫に走るというケースって意外と多いんです!
実際、ご自分が妊娠中に浮気・不倫されたら、「腹が立つし、やり切れない。でも、妊娠中なのに、すぐに離婚というわけにもいかないし…」と悩んでしまい、何をすればよいのかわからなくなるでしょう。
しかし、おろおろしていても状況は変わりませんので、いったん落ち着いて考えてみましょう。

なお、夫との関係をどうするかについては、夫婦の話合いでじっくりと決めればよいですが、もし、あなたに、「夫の浮気・不倫相手にも、何らかの責任を取ってもらいたい」というお気持ちがある場合には、注意しないといけないことがあります。

そこで今回は、浮気・不倫相手にお金で責任を取ってもらう(=慰謝料を請求する)場合の注意すべき点について弁護士が解説します。

この記事を読んでわかること

  1. 妊娠中に夫の不倫が発覚した場合にすべきこと・すべきでないこと
  2. 弁護士に慰謝料請求を依頼した場合に得られるメリット
  3. 慰謝料の相場について

妊娠中の浮気・不倫で法的請求をする場合の注意点とは?

妊娠中は、心も体も大変な時期であるのに、夫の不倫が発覚すれば、体調面に影響が出ることもあるでしょう。一番大事なことは、母子ともに健康でいることです。ここでは、体調を優先しつつ、「可能な範囲で、最低限しておいてほしいこと」と「やるべきでないこと」をご紹介します。

(1)やっておいてほしいこと

浮気・不倫の証拠を確保しておくことをおすすめします。LINEやメールのやり取りがわかる画面を保存しておく方法があります。必要な内容としては、以下の2つです。

  1. 二人が肉体関係を持ったことがわかるやり取り
  2. あなたの夫が既婚者であるということを不倫相手が知っていたとがわかるやり取り

ただし、
不倫相手が職場の関係者などの場合、「結婚していることを知っているのは当然」といえることが多く、②が問題とならない場合も多いです。
両方確保するのが難しいようでしたら、まず、①の内容を示す証拠が確保するほうが優先です。

(2)やってはいけないこと

もし、不倫相手の居場所や名前がわかったとしても、いきなり相手の家や職場に押しかけたり、職場に連絡をしたりすることはお控えください。不法行為や名誉棄損で、逆にあなたが不倫相手から訴えられたり、損害賠償請求をされたりする可能性があります。

また、妊娠中に夫の不倫相手と直接会ったり連絡を取ったりすること自体が相当なストレスを伴うと考えられますので、ご自身の身体や胎児への悪影響を避けるという意味でも控えましょう

浮気・不倫の法的請求(慰謝料請求)、どのように進めればいいの?

(1)自分自身で交渉する

まず、浮気・不倫相手に、最低でも以下の3点を伝えます。

  1. 浮気・不倫が発覚していること
  2. 自分は、あなたが浮気・不倫した男の妻であること
  3. 慰謝料請求したい金額

相手が不倫の事実を認め、慰謝料支払いの意思を示せば、あとは金額の話になりますので、交渉を重ねたうえ、ご自身が納得できる金額で和解ということになります。

しかし、相手が「ホテルに行ったことがあるだけで、何もしていない」とか、「仲のいい友達なだけ。ちゃんとした証拠でもあるの?」と言って事実を認めない場合は、どうしたらよいのでしょうか。

相手からどんな主張が出てくるのか、については、実際にやってみないとわからないことが多く、交渉が行き詰ってしまうことも多いようです。

(2)弁護士に依頼して交渉してもらう

(1)でご紹介したように、相手が事実を認めずに言い争いになった場合、最終的には裁判になります。しかし、一人で裁判を起こすこと(=訴訟の提起)は、現実的には難しく、ましてや、妊娠・出産という大事な時期に、裁判と妊娠・出産という2つを並行してこなすのは、精神的な意味でも相当難しいです。
ですので、裁判前の交渉の時点から弁護士に任せてしまうという方法も一つの手段として考えられることをおすすめします。

弁護士に依頼することで得られるメリット

メリット1 精神的な負担の回避(ストレスを減らす)

弁護士に依頼して得られるメリットとしては、まず、「相手との直接交渉に伴う精神的負担の回避」が挙げられます。夫の浮気・不倫を知っただけでも精神的な負担が大きいのに、慰謝料請求の手続をしたり、夫はもちろん、その浮気・不倫相手と交渉したりするのは相当のストレスでしょう。
弁護士に依頼すれば、いろいろな手続はもちろん、ご自身で交渉することも任せることができます。そして、不倫の慰謝料請求が合意に至れば、『合意書』を作成して交渉が終了します。

メリット2 トラブルの再発防止

次に挙げられるメリットが、「浮気・不倫トラブルの再発防止」です。

妊娠中のストレスを避けたいがために、安易に和解をしてしまい、後でトラブルが再発するはとても嫌なことですし、できれば1回限りで終わらせたいというのが普通だと思います。
また、今後の生活を考えて、離婚はせず、結婚生活を継続していくと決断された場合、夫とその不倫相手がもう二度と接触しないように望むのが当然といえます。

この場合、弁護士に依頼することにより、法的な意味で再発を防ぐことができます。たとえば、「今後は、夫とメール・電話を含めたあらゆる手段による連絡・接触をしないことを約束する。これを破った場合は、違約金として50万円」というような内容を法的に整えて書くことによって、今後の家庭の円満を守ることができます。

メリット3 裁判上の相場の金額がわかる

弁護士に依頼するメリットの3つ目は、「裁判上の慰謝料の相場がわかる」ことです。
妊娠中の夫が浮気・不倫をした場合、不倫相手からできるだけ高い金額を取ってやりたいと思うよりも、「ちゃんと自分のしたことをわかって欲しい」という考えの方が多いのではないでしょうか。

とはいえ、裁判上の相場よりも低い額で和解するのは、「なんだか嫌だ」という気持ちになりますよね。ですから、「本当にこの金額で合意してよいのか」を弁護士に判断してもらうことで、納得して和解することが可能になります。

弁護士に依頼して獲得できる慰謝料の相場ってどれくらい?

不倫が原因で夫婦が離婚した場合には100~300万円、離婚や別居には至らなかった場合には数十~100万円、が相場であるといわれています。しかし、不倫の期間や結婚期間の長さ、その他のさまざまな事情に応じて金額は変わってきます。

【まとめ】不倫の慰謝料請求なら無料相談ができるアディーレの弁護士におまかせください

妊娠中いう大変なときに夫の不倫が発覚した場合、精神的なストレスを受けて、まず何をすればいいか考えられなくなると思います。

そんなとき、まずは、法律の専門家である弁護士に相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。アディーレ法律事務所では、無料で不倫の慰謝料請求についての相談を承っております
「不倫相手との間のトラブルを、ちゃんと解決したい!」、「出産の前に、トラブルは片づけておきたい」、「相手の女を許せない!」、「場合によっては、夫と離婚するかも」など、いろいろな悩みがあると思います。
妊娠中という大事な時期だからこそ、放置せずに、まずはご相談を!お一人で悩まずに、ぜひ1歩踏み出してみてください。

執筆者情報

弁護士

神野 由貴

かんの ゆき

資格
弁護士、行政書士(有資格)
所属
兵庫県弁護士会
出身大学
大阪市立大学法学部

アディーレ法律事務所は、慰謝料問題に精通した専属チームがあり、一人のお客さまをチーム全員で担当しているため、スムーズかつ最適なご対応ができます。また、全国に60拠点以上を構え、最寄りの支店へのご来所、もしくはお電話にてご相談いただけます。お電話は朝9時から夜10時まで、事務所は土日祝日も含めて営業しておりますので、お客さまのご都合に合わせた相談が可能です。今後も、お客さまの味方であり続けます。あなたの町のアディーレに、何でも相談してみてください。

※2022年6月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 0120-783-184

    朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

  • メールでお問い合わせ
浮気・不倫の慰謝料に 関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184

    朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

  • メールでお問合せ
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

※2022年10月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。