<キーワードで知る>浮気・不倫の慰謝料

内容証明郵便とは?

内容証明郵便とは?

浮気・不倫の慰謝料請求トラブルが起きた際によく耳にする内容証明郵便。これは、差し出した郵便物の文書の内容、差出人・受取人、差し出した日付、受取人に配達された事実・日付を、郵便に証明してもらう一般書留のことをいいます。

内容証明郵便を利用する目的

浮気・不倫の慰謝料には時効があります。時効は、催告(請求)をすると完成が猶予されますので、催告したことを証拠化するため、内容証明郵便を使うことが多々あります。

しかし、内容証明郵便で慰謝料を請求されても、その請求に、そのまま従う必要はありません。そのため、慰謝料を請求された側が受け取り拒否や無視などの対応を取るケースも見受けられます。

なぜ内容証明郵便を利用する?

慰謝料請求を行う際に内容証明郵便を利用するケースが多い理由は、普通郵便では、相手がどのような書面を受け取ったか、また、そもそも書面を受け取ったかどうかを証明することができないからです。そのため、慰謝料請求のように、書面の内容や、その書面を相手が受け取ったことを証明する必要がある場合には、内容証明郵便が有効になります。

一般的に時効が迫っている場合には、催告した証拠を残すために内容証明郵便を送付します。ただし、書面を受け取ったこと自体は簡易書留や特定記録郵便でも証明できるため、時効が迫っていない場合は、具体的な状況に応じて、送付方法を決めていきます。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

※2022年4月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。