<キーワードで知る>浮気・不倫の慰謝料

弁護士と司法書士,行政書士の違い

浮気・不倫の慰謝料トラブルを解決するには,法的な知識が不可欠です。法律の専門家には,弁護士のほかにも,司法書士や行政書士がいますが,それぞれの業務範囲は,法律で制限されています。

弁護士・司法書士・行政書士の違い
  弁護士 司法書士 行政書士
慰謝料トラブルに関する書類の代筆
慰謝料トラブルに関する法律相談 (※) ×
慰謝料トラブルに関する交渉の代理人 (※) ×
慰謝料トラブルに関する調停・訴訟の代理人 (※) ×
※法務大臣の認定を受けた司法書士で,かつ慰謝料請求(減額)の価額が140万円以下の場合に限られます。

弁護士だからできること

弁護士と司法書士,行政書士の違い

適正な慰謝料を獲得(減額)するまでには,書面を作成したり,相手と交渉したり,ときには訴訟になったりと,手間も時間もかかります。しかし,上記のように,司法書士には取扱い金額に上限があり,行政書士は書類の代筆しかできません。「書面では慰謝料トラブルが解決できず,弁護士に頼みなおさなければいけなくなった」,「行政書士に依頼したけれど,交渉は自分でしなければならず,負担が大きい」などの状況で,当事務所の弁護士へご相談されるケースも多々あります。

金額の制限なく,依頼者の方の負担を軽減し,トータルでサポートできるのは,弁護士だけです。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 03-5950-0824 受付時間 朝10時~夜10時(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184 朝10時~夜10時まで土日祝も受付中!
  • 無料相談のお申込み
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は,全国対応
  • 法律相談45万人!豊富な実績であなたをサポート