弁護士コラム 浮気・不倫慰謝料を請求された方へ

【弁護士解説付】不倫の慰謝料請求(内容証明など)を無視して大丈夫?

浮気・不倫の慰謝料請求についての書類が自宅に届いたら、びっくりされる方が多いです。無視したり、放置してしまおうと思ったりしたかもしれません。
しかし、このような書類を無視したり、何もしないで放置したりした結果、取り返しのつかないことになってしまった方もいらっしゃいます。
以下では、請求を無視した場合に何が起きるかを説明していきます。

この記事を読んでわかること

  1. 慰謝料請求を無視すると大変なことになる
  2. 慰謝料請求を受けたらすぐ弁護士へ相談するのがおすすめ
  3. 弁護士に依頼したときの費用体系

浮気・不倫の慰謝料請求ってなに?どうしたらいいの?

A子
実は浮気しちゃって慰謝料を請求されてるんだけど…
慰謝料って支払わないといけないのかな?
B子
どうなんだろう…
でも、裁判になる場合もあるってテレビで見たことあるよ
A子
どうしよう…
お金なんて持ってないよ…

あなたが結婚しているとして、他人があなたの結婚相手と肉体関係を持っていたらどう思うでしょうか。
怒る方や悲しむ方、離婚を決意する方が多いのではないでしょうか。
そのような「怒る」、「悲しむ」などの精神的苦痛に対して支払うお金が「慰謝料」なのです。

浮気・不倫の慰謝料請求を放置した場合の4つのデメリット

A子
慰謝料なんて支払えないし…
無視しても大丈夫だよね…?
B子
無視したら裁判を起こされるんじゃないの?大丈夫なの?
A子
裁判?何が起きるの?

裁判を起こされる?

慰謝料を請求してきている相手は、話合いで解決しようと思い、あなたに連絡をしてきています。しかし、もしあなたと話合いができなければ、相手は強制的に慰謝料を支払わせるしかないと考えます。
その強制的に慰謝料を支払わせる手段が裁判なのです。
ですので、相手からの請求を無視した場合には、裁判になる可能性があります。仮に相手に弁護士が付いているならば、相手の弁護士は、裁判に行く前に「内容証明郵便」を使って連絡をしてくることが多いです。

【内容証明郵便って何?】

  • 「内容証明郵便」を使うと、郵便局に同じ内容の書類が保存されます。そのため、あとから「慰謝料請求については書いてなかったです」と言い訳することを防ぐために使われます。
  • 弁護士は、送った書類の内容を証拠として残すために、内容証明郵便を使うことが多いです。
  • 弁護士が内容証明郵便を使うということは、「この連絡を無視したら裁判をしますよ」という意味と思ったほうがいいでしょう。

妻・夫にバレる!?

裁判を起こされると、裁判が起こされたという内容の書面があなたの自宅に届きます。
この書面は、「●●地方裁判所」と書かれた封筒で特別な郵便を使って届けられます。
もし、あなたの妻・夫がこの郵便を受け取った場合、開封されてしまう可能性や不審に思って問い詰められてしまう可能性がありますし、その結果として、あなたの妻・夫にバレてしまうこともあり得るのです。

職場にバレる!?

裁判を起こされても放置していると、裁判所から「慰謝料を支払いなさい」という判決が出ます。それでも、慰謝料を支払わなければ、相手はあなたの給料から慰謝料を強制的に回収します。会社にも回収の通知が届きますので、職場にバレてしまう可能性があります。

お金が突然なくなる!?

判決が出ても慰謝料を支払わなければ、相手はあなたの預貯金から慰謝料を回収します。
そのため、判決が出ても慰謝料を支払わなければ、あなたのお金(預貯金)が突然なくなる可能性があります。

浮気・不倫をしても慰謝料を支払わないことはできる?

A子
浮気・不倫をしても慰謝料を支払わないで済む方法ってないかな…
B子
裁判で争えるって聞いたことはあるけど…

慰謝料を支払わなければいけない理由は、浮気・不倫の結果、相手が怒る・悲しむ・離婚を決意するなどの精神的苦痛を受けるからです。
そのため、相手が精神的苦痛を受けていない場合には慰謝料を支払う必要はありません。
詳しくは、こちらをご覧ください。

慰謝料をゼロにする・減額する方法は?

A子
慰謝料をゼロにする方法ってあるのかな…
B子
交渉で減らすことはできるって聞いたことはあるよ
A子
交渉って何をすればいいんだろう…
自分でできるのかな…

A子さんのように、自分でやってみるということを考える方もいらっしゃいます。
自分で交渉することはできるのか、どうなるのかを一緒に見てみましょう。

自分で交渉する方法

慰謝料の交渉は、あなたが行うこともできます。
しかし、相手は、あなたに対してとても怒っています。「お金の問題だけではない!」と考えている場合も多いです。
あなた自身が、慰謝料の減額交渉をした場合、相手は「反省していない!」、「自分でやったくせに!」と怒ってしまうことになります。
そのため、自分で交渉するというのはとても難しいのです。

弁護士に交渉してもらう方法

弁護士は、法律と交渉に精通しており、法律を用いて適切な解決ができます。
また、弁護士は浮気・不倫の当事者ではありませんので、相手と冷静に交渉をすることができます。
慰謝料請求を受けたときは、弁護士に交渉してもらうべきといえます。

浮気・不倫慰謝料請求の「免除・減額・分割」を弁護士に依頼する場合の費用について

A子
弁護士って高いって感じちゃうよね
B子
アディーレ法律事務所には「損はさせない保証」っていう独自の制度があるんだって
A子
ほかの法律事務所だと損をするかもってこと?
  1. 一般的な法律事務所の費用体系
    「弁護士は高い」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
    弁護士費用は、相談するための「相談料」、仕事を始めるための「着手金」、仕事が終わったあとの「報酬」があります。そのほかにも、「実費」、「日当」などが必要です。
    依頼するだけで数十万円が必要になる法律事務所も多いです。
  2. アディーレの費用体系
    アディーレ法律事務所では、浮気・不倫の慰謝料の減額・免除に関する「相談料」は何度でも無料です。
    最終的に決まった慰謝料額とアディーレの弁護士費用を合計した額が、当初の相手の請求額より上回ってしまった場合には、上回ってしまった部分の弁護士費用は、原則としていただきません(損はさせない保証。適用条件がございます)。
    そのため、アディーレであれば、安心してご依頼いただくことができます。

【まとめ】浮気・不倫の慰謝料減額なら無料相談ができるアディーレの弁護士におまかせください

いかがだったでしょうか。
慰謝料請求を放置すれば、取り返しのつかないことになる可能性があります。
慰謝料請求を受けたときにもっとも重要なのはスピードです。
また、アディーレでは、弁護士に依頼して損をするのでは、とのご不安を解消するため、「損はさせない保証」をご用意しております。手遅れになる前にぜひアディーレにご相談ください。
交渉を得意とする弁護士があなたに代わって全力で交渉いたします。

執筆者情報

弁護士

米原 亨一

よねはら りょういち

資格
弁護士
所属
第一東京弁護士会
出身大学
明治大学法学部、専修大学法科大学院

アディーレ法律事務所は、慰謝料問題に精通した専属チームがあり、一人のお客さまをチーム全員で担当しているため、スムーズかつ最適なご対応ができます。また、全国に60拠点以上を構え、最寄りの支店へのご来所、もしくはお電話にてご相談いただけます。お電話は朝9時から夜10時まで、事務所は土日祝日も含めて営業しておりますので、お客さまのご都合に合わせた相談が可能です。今後も、お客さまの味方であり続けます。あなたの町のアディーレに、何でも相談してみてください。

※2022年6月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
  • 0120-783-184

    朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

  • メールでお問い合わせ
浮気・不倫の慰謝料に 関するご相談は何度でも無料!
  • 0120-783-184

    朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

  • メールでお問合せ
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

※2022年8月時点。拠点数は、弁護士法人AdIre法律事務所と弁護士法人アディーレ法律事務所の合計です。